電子書籍・コミック サミット 基調講演に角川歴彦氏

 JAPAN国際コンテンツフェスティバル(コ・フェスタ)の出版・書籍・マンガ分野のイベントとして、11月12日から14日まで東京・秋葉原で「電子書籍・コミック サミット in 秋葉原」が開催される。イベントは今年初めて行なわれるもので、昨今の電子書籍の動きをいち早く盛り込む。電子書籍やマンガの未来の可能性を探る。
 開催期間中は、出版ビジネス今後の展開などをテーマにした講演会やシンポジウムを行うほか、展示会場を設け、世界各国の最新の電子書籍端末やコンテンツを紹介する。また、若手クリエイターによる新しい表現方法などのプレゼンテーションなども行い、多方面から電子書籍の今後を考える。

 これらの企画のうち11月12日に行なわれるカンファレンスのプログラムが早くも公開され、聴講の募集を開始した。カンファレンスは講演、対談、シンポジウムなど4つのプログラムを組み合わせており、それぞれの豪華なゲストが注目される。
 まず、基調講演を角川グループホールディングス会長の角川歴彦氏が務める。「iPadへの挑戦-編集者の力 ~クラウド時代に出版社が飛躍するために~」と題し、大手出版社の立場から新しい出版ビジネスについて語ることになる。
 「デジタルコミックの海外展開(仮)」では、「少年ジャンプ」の名編集長としても知られたことがあり、海外事業にも積極的に取り組む集英社専務取締役鳥嶋和彦氏が講演する。集英社のマンガは現在、海外で最も人気のある日本の出版コンテンツだけに、目が離せないものになるだろう。

 作家福井晴敏氏と講談社代表取締役副社長野間省伸氏が語るのは、「著名作家と出版社が電子書籍の未来を語る!」。人気作家と大手出版社、どのような話題が出るのだろうか。
 「電子書籍の有力プレイヤーが明かす最新情報と未来形」では、新時代のビジネスプレイヤーがこれからの電子書籍について討論する。アマゾン ジャパンから渡部一文氏、NTTドコモから辻村清行氏、米国ソニー・エレクトロニクスから野口不二夫氏である。さらに行政から経産省メディアコンテンツ課長の信谷和重氏、アスキー総合研究所の遠藤論氏が加わり議論を深める。 
 カンファレンスは、秋葉原UDXの2階のAKIBA_SQUAREにて11時から18時までとなる。参加は全て無料だが、プログラムごとにウェブからの申込が必要だ。定員は200名で、定員に達し次第締め切りとしている。注目のゲストばかりのため、早めの申し込みが確実だろう。

電子書籍・コミック サミット in 秋葉原
http://ebookmanga-summit.com/

■ オープニング/基調講演 11時~
「iPadへの挑戦-編集者の力 ~クラウド時代に出版社が飛躍するために~」
  角川歴彦 (角川グループホールディングス会長)

■ 「デジタルコミックの海外展開(仮)」 13時~
  鳥嶋和彦 (集英社専務取締役)

■ 「著名作家と出版社が電子書籍の未来を語る!」 14時15分~
  福井晴敏 (作家)
  野間省伸 (講談社代表取締役副社長/日本電子書籍出版社協会代表理事)

■ シンポジウム 16時~
「電子書籍の有力プレイヤーが明かす最新情報と未来形」
  渡部一文 (アマゾン ジャパン バイスプレジデント・メディア事業部門長)
  辻村清行 (NTTドコモ代表取締役副社長)
  野口不二夫 (米ソニー・エレクトロニクス シニア・バイス・プレジデント)
  信谷和重 (経済産業省商務情報政策局メディアコンテンツ課長)
  遠藤 論 (アスキー・メディアワークス アスキー総合研究所所長)
  モデレーター: 新名新 (角川書店常務取締役)