京アニ八田英明社長 山田尚子監督 京都でセミナーに

京都のコンテンツビジネスセミナー2010で京都アニメーション代表取締役社長の八田英明氏が講演。スペシャルゲストとして、『けいおん!』シリーズの山田尚子監督も登壇。『けいおん!』シリーズ演出技法の秘密を語る。

日時 2010年9月30日 18:00~19:30
場所 京都商工会議所

京都商工会議所で9月30日、京都アニメーションの代表取締役社長の八田英明氏が『業界の現状と当社の今』と題して講演をおこなった。本講演は、KYOTO Cross Media Experience(以下、KYOTOCMEX2010)の中でも主要イベントのひとつであるコンテンツビジネスセミナーの第一回を飾り、場内は業界関係者や業界志望者など場内は多くの観客で湧きかえった。

■ 20代監督の若い原寸大の感性が『けいおん!』の繊細へとつながっていく

 まず冒頭で八田氏は、アニメスタジオは一般的に発注を受けるということが多い中、京都アニメーションとしては、ライセンサーとして仕事をしていきたいという願いとともに努力を重ね、商品展開などもコンテンツを世に広めるための手段として開発したと語った。またこれからも人を育てながら自身の作品も育てていきたいと述べた。その後、総務室長の村元克彦氏が京都アニメーションの創業以降の歴史に関する簡略を説明した。また、先日の関東での放映をうけ『けいおん!』シリーズの劇場アニメ化が決定したことを改めて発表。会場は大いに盛り上がった。
 これを踏まえサプライズゲストとして『けいおん!』シリーズの演出を担当している山田尚子監督が登壇。20代前半を彷彿とさせる若い外観もあいまって観客は固唾を飲んで山田監督の演出論に聞き入った。『けいおん!』の演出に関する依頼が打診されたとき、山田監督は自身がもともと音楽に関心があったことがきっかけであったことを明かしつつ、原作を読み始めたときにその面白さにひきこまれたと語った。ただし、「原作が面白くなれば面白くなるほどアニメ化が難しくなる」と山田監督。それは原作の味を壊してしまっては、アニメ化をする意味がなくなってしまうが、原作と同じものにし過ぎるとファンにはアニメ化に対して異論が出ていくるとのこと。つまり「原作をAとしたとき私はA´ではなくBを作りたかった」と山田監督。アニメである限り、原作と全く同じところをなぞっていくだけでは意味が無く、色、声、音があるのがアドバンテージであるアニメにおいて、それなりの解釈を加えたとしても着地点を同じ場所にすることでアニメとして「けいおん!」の魅力を引き出すことが出来ると持論を述べた。

■ 自らが誰よりもファンになることによって原作の魅力を更に引き出す

 アニメ化にするデメリットについて、「原作ファンが既に頭の中で築き上げてきた声やキャラクターのしぐさなどを具体的に提示してしまうこと」と山田監督。観客側との想像と乖離が起きれば起きるほどアニメ化の意義が薄れてしまうというわけだ。一方で、メリットとして「アニメ化によって作品の魅力を更につたえることが出来る」と山田さん。そのために、自分が誰よりも「けいおん!」のファンになることを決めたという。誰よりもファンになっているからこそ、これが「けいおん!」なんだというのを明示出来たという。

 更に重視したのは彼女たちの生活している世界観や空気感とのこと。ただ原作においては、両親などがつい最近の連載まで登場せず、主人公間の人間関係が重視されていた世界観であったことから、後輩や後輩の友達の様子を描くことで、彼女たちの生活空間を示したという。
 同時に、一般的にケレン味を出すのがアニメの醍醐味である中で、アニメ的表現は極力減らしたと山田監督。漫画的表現は維持しつつも日常芝居を積極的に取り入れることで「この娘たちが生きている」感覚を描き上げたという。
 なお、音楽が重要な位置付けにある「けいおん」シリーズにあって楽器設定として高橋博行氏が配された背景として、緻密な小物が描けるうえにバンドを組んでおり、更に実物をモデルに、楽器を描いていいという条件はすなわちミスは許されない環境だったと高橋氏が楽器設定に選ばれた背景を語った。音楽の勉強についても設定マネージャにお願いし、音符やコードの押さえ方など誰もがわかるような冊子をもらったりしたという。一方山田監督自身は音符も楽器も触れるものの、平沢唯の視点に立つために敢えて何もしなかったという。「シロウトの段階から唯とともに成長したかった」と当時の心境を振り返った。
 なお、オープニングとエンディングについても明確にコンセプトを分けたという。オープニングは軽音部の4人がカメラを回していることを想定し、素人のようなカメラ回し、へたくそな編集を何回も繰り返すといったシロウト臭さをねらったという。それに対し、エンディングは彼女たちがプロデビューを果たしたという妄想の中で作られている映像を想定と山田監督。従って、プロデューサーのもと、プロのカメラマンによって映像が作られたようなイメージになっていると解説した。
 総じて、作品を監督していくにあたって重要なのは「チームワーク」であると山田監督。アニメ制作に携わっている160人のスタッフに、音響、編集、声優が加わってひとつの作品を生み出していく中、作品の魅力を伝えるためにミーティングを出来る限り行い、「意思」と「愛情」の疎通を図ったという。また演出していくうえで留意した点として、なにかの焼きまわしにならないように自分たちなりの言葉、自分たちの解釈を大事にしながらも、その方法が自分のエゴに満たすためだけのものにならないよう、常に第三者の立場に立ち返って作品づくりに取り組んできたとした。

■ 八田社長、アニメ産業の展望と京都アニメーションの未来を語る

京都アニメーション代表取締役社長八田英明氏

 『けいおん!』に関する貴重な話に踏まえ、ふたたび八田英明社長が登壇。アニメ産業の展望と京都アニメーションとしてのビジョンについて語った。
 なおアニメ産業全体の環境変化としては、デジタル化をあげ、表現の高度化が進みながらもディファクトスタンダードのソフトウェアが普及したことにより表現の画一化が進むみつつあるとし、どうその中から差別化を図るかが課題であるとした。
  また、ビジネスモデルの変化と多様化が進みつつあると八田氏。劇場アニメが好調であるという現状を示しつつ知名度の高い作品は高品質の作品として劇場アニメ化し、配給収入と、パッケージ販売の双方で利益を生み出すというモデルが確立したと指摘。今後しばらくはこの傾向が続くであろうと推測した。
 グローバル化についても言及。市場として大きいと認めながらもまだ回収率が低い、パッケージ販売数はまだこれからという現状を吐露しながらも、コアのファンは確実に増えていると指摘。今後も積極的に攻勢をかけていくべきとした。
 
 一方、京都アニメーションは、『けいおん!』シリーズについてはオープニング、エンディング曲が第一期から第三期まですべての曲がオリコンチャートのトップを記録し、ブルーレイも一巻あたり4万本、『涼宮ハルヒの消失』が当初全国20館という開始だったのにも関わらず興行収入が8億4000万円にも上った状況を説明し、これらの成功は文化の地であり歴史的風景のある京都に多くの優れたクリエイターが育っていることにあるとした。また、予算から制作する原動画の枚数制限を現場に課すということは絶対にしないという点も指摘。これは業界慣習として、フリーランスをプロジェクト期間のみ雇用することがその要因であるとした。
 アニメーターは職人芸であるため、思いをこめて、作品をつくる、絵コンテを作る、工夫をするというのが作品の質につながると八田氏。京都アニメーションは基本的に本社の社員130人のうち、出来高制の1人を除いてすべてが給与制っであることを指摘しつつ社内で互いに協力しあいながら熱い思いでつくっていったところが作品のエネルギーにつながっているのだと持論を述べた。
 また、実際に予算が足りない場合に重要になってくるのが商品開発だと八田氏。そこで得た収益を作品づくりのほうに転嫁しているとアニメの質を向上させるため一案を提示した。

 なお、地方に所在するアニメスタジオの展望については、データのやりとりの利便性が高まったことや、デジタル化により都心に所在する機材に最終工程を依存する必要がなくなったことから、地方でも十分勝ち残っていく土壌が生まれてきたと八田氏。本社に加え徳島県でも拠点を持って活躍するufotableや、富山県に拠点を持つP.A.Worksが地元の組織とタイアップしてモノづくりに励むことで東京だけでは生むことが出来ない独自性のあるものが生まれてきていると示しつつ、京都アニメーションとしても京都を舞台とするアニメを是非つくっていきたいと展望を語った。京都を大事にしそれが地域活性化につながればとの抱負を語りつつ講演を締めくくった。

 KYOTO CMEX2010の実行委員長である、ゲーム開発スタジオ大手、株式会社トーセ代表取締役社長の斎藤茂氏は、京都でこのようなイベントを続けることで京都の地場の映画、ゲーム、アニメ企業が一体となってクロスメディア展開が出来ればと抱負を語った。第二回目のセミナーは斎藤氏自身がゲーム業界の30年史について、その後株式会社フェイス. 代表取締役社長 平澤 創 氏 、そしてつい最近、出版事業と映画事業の統合をリリースした角川グループホールディング取締役会長の角川歴彦氏が 登壇することになっており、セミナー登壇者もコンテンツ業界を横断する形となる。今後どのような逸話がこの講演の中で語られるかが注目される。

KYOTO CMEX 2010 コンテンツビジネスセミナー2010
http://www.kyoto-cmex.jp/event/event02.html

KYOTO CMEX 2010
http://www.kyoto-cmex.jp/