4年目を迎えたコフェスタ オープニングセレモニー開催

 JAPAN国際コンテンツフェスティバル(コ・フェスタ)のオープニングセレモニーが9月28日、東京・帝国ホテルにて開催された。コ・フェスタは映画からゲーム、アニメ、音楽、IT、ファッションまで、日本のコンテンツ産業、クリエイティブ産業を統合的する世界規模のフェスティバルである。9月16日から19日まで行われた東京ゲームショウ2010をスタートに11月下旬の第4回 ロボット大賞までの17のオフシャルイベントとパートナーイベントから構成される。今年で4回目を迎え、日本のコンテンツ産業の力を国内外に送り出す。
 本年は新たにアニメ関連のイベント「東京国際アニメ祭2010 秋」、マンガ・電子書籍関連の「電子書籍・コミック サミットin 秋葉原」などの新設イベントも加わる。アニメ、マンガ分野でも注目される。

 28日のオープニングセレモニーは、世界規模の総合フェスティバルを盛り上げるべく、コンテンツ業界関係者や関係省庁、団体、企業などおよそ700名が来場した。
 ナビゲート役としてコ・フェスタのイメージキャラクターである杏さんが登壇、また来賓として訪れた大畠章宏経済産業大臣、海江田万里内閣府特命担当大臣が挨拶をし、国の立場からもコンテンツ・クリエイティブ産業の振興に力を入れたいと挨拶した。

 会場には今年6月に上海万博の会場で開催されたコ・フェスタ IN上海に登場した「カワイイ天使」の5人も姿をみせた。コ・フェスタ IN上海はコ・フェスタの海外展開の一環として日本のコンテンツを広く紹介し、日中の文化交流を活性化させる目的で行われたもの。杏さんと5人は、現地での映像を交えその奮戦ぶりを伝える。
 また、7月のJAPAN EXPOでのコ・フェスタ出展の様子も、現地のイベントに参加した歌手の麻生夏子さんが紹介、世界各地での日本のコンテンツの活躍ぶりを伝える。さらにコ・フェスタ IN上海に出演したキマグレンの2人も登場するなど華やかなイベントとなった。

 コ・フェスタ2010は既に、東京ゲームショウ、日本ゲーム大賞が終了しているが。10月からは関連イベントのラッシュとなる。10月5日からはIT・家電のCEATEC JAPAN、13日からはCreative Market Tokyo、14日からデジタルコンテンツEXPO、23日から東京国際映画祭、25日からTIFFCOMと大型イベントが目白押しだ。
 期間中は、ゲーム、アニメ、マンガ、キャラクター、放送、音楽、映画、ファッション、デザインなどの国内外の産業関係者が東京に集まる。また、オフシャルイベントの参加人数は延べで100万人を超えるとみられる。

JAPAN国際コンテンツフェスティバル(コ・フェスタ)
公式サイト http://cofesta.jp