KYOTO CMEXセミナー第1回に 京アニ八田社長

 9月25日から開催が予定されているKYOTO CMEX(京都クロスメディアエクスペリエンス)2010は、日本のコンテンツの海外展開を目指すジャパン国際コンテンツフェスティバル(コ・フェスタ)のオフィシャルイベントのひとつだ。首都圏が中心となりがちなコ・フェスタのなかで、関西のコンテンツ産業を盛り上げる。
 その関連として会期中に京都商工会議所がコンテンツビジネスセミナーを実施する。その第1回に京都アニメーションの八田英明社長が迎えられることが明らかになった。

 京都アニメーションは『涼宮ハルヒの憂鬱』、『らき☆すた』、『けいおん!』などヒット作のアニメーションを制作しているスタジオとして、京都に置いても年々存在感が増して来ている。現在、日本のアニメ界で最も注目されているアニメスタジオと言ってもいいだろう。
 しかし、本拠地が京都ということもあり、これまではあまり講演やセミナーの場に出て来ることはなかった。京都開催のKYOTO CMEXならではのビッグなゲストである。また、これまでの作品や成功の経緯をまとめて聞くにもいい機会と言えるだろう。

 セミナーは全4回を予定している。今後も京都で活躍する様々なコンテンツビジネスのキーパーソンを招き、最新動向や成功の秘訣、そして今後の展望などが語られる。コンテンツ制作者と企業との交流や連携の促進を含め、京都発のビジネスモデルを新たに探ることを目的としている。
 第1回は9月30日の18時より京都商工会議所で行われる。参加費は京都商工会議所の会員と学生は無料、一般は1000円となっている。先着120名となっている。
【真狩祐志】

KYOTO CMEX 2010 コンテンツビジネスセミナー
http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_091596.html