iPad/iPhone向け完全新作「電撃コミック ジャパン」創刊

 電子書籍・出版が大きな盛り上がりをみせる中で、アスキー・メディアワークスがiPad/iPhone/PCに向けて全てのマンガを描き下ろしとする電子マンガ雑誌「電撃コミック ジャパン」を創刊する。アスキー・メディアワークスによれば、iPad/iPhone向けの完全オリジナル描き下ろしの電子マンガ雑誌は日本初の試みだ。
 今年秋にプレ創刊号と位置づけたパイロット版をリリース、12月に創刊号を予定する。その後は月1回のペースでの発行を行なう。パイロット版と創刊号は無料で、2号以降は税込み500円を予定、ボイジャーが運営する理想書店を通じた販売となる。
また、電子書籍の特徴を活かした国際展開も視野に入れている。日本語版だけでなく、英語版、中国語版も制作する予定だ。

 「電撃コミック ジャパン」では、24人もの作家がそれぞれオリジナル作品を掲載する。総ページ数は600ページというかなりボリュームとなる。ページ数が多くても嵩張らない電子書籍の特徴が活かされる。
 雑誌のターゲットは20代前半から30代の男性としており、iPad/iPhoneのコアユーザーに向けたものであることが分かる。パイロット版は外薗昌也さん、押切蓮介さん、見ル野栄司さん、阿部洋一さん、陳淑芬さん、小竹田貴弘さん、おがたちえさんらが執筆、新人作家も交えたものとなる。

 電子雑誌として新ビジネスを目指す一方で、従来型のビジネスも取り込むようだ。アスキー・メディアワークスは、掲載された作品は電子版のほかに書籍単行本として発刊するという。作品は一般書店でも販売される。
 近年増えているウェブのマンガマガジンが、やはりネット上で知名度、認知度を拡大し、単行本販売に結びつけているのと同じビジネスモデルを採用する。iPad/iPhone向けでの同じビジネスが成り立つのか、さらに電子書籍版の単行本はどうなるのかなど、今後の行方も注目だ。

アスキー・メディアワークス http://asciimw.jp/

電撃コミック ジャパン
配信プラットフォーム: iPad、iPhone、PC (配信プラットフォームは順次拡大予定)
言語: 日本語(英語版・中国語版制作予定)
発売日: パイロット版(プレ創刊号) 2010年秋予定、 創刊号 2010年12月予定
価格: パイロット版(プレ創刊号)・創刊号 無料、 2号目以降 500円(税込)予定
発行・発売元 : アスキー・メディアワークス
発行ペース : 月1回