「Project ANIMA」第1弾「Sacks&Guns!!」に緑川光ら出演 キャスト・スタッフ・ビジュアル公開

(C)幸田和磨/Project ANIMA

オリジナルアニメ創出プロジェクト「Project ANIMA」の「SF・ロボットアニメ部門」準大賞作としてアニメ化が発表されていた『削岩ラビリンスマーカー』の正式タイトルが『Sacks&Guns!!(サクガン!!)』に決定。
あわせてコンセプトビジュアル、和田純一監督らスタッフ陣をはじめ、声優の緑川光、豊永利行の参加が発表された。

「Project ANIMA」は、ディー・エヌ・エー、創通、文化放送、毎日放送の4社が共同でオリジナルアニメ作品を創出する取り組み。
第1弾「SF・ロボットアニメ部門」、第2弾「異世界・ファンタジー部門」、第3弾「キッズ・ゲームアニメ部門」の3部門に分かれており、選出作はそれぞれサテライト、ジェー・シー・スタッフ、動画工房によってアニメ化される。

今回発表された『Sacks&Guns!!(サクガン!!)』は、地下世界を舞台に主人公父娘を中心としたキャラクターたちが活躍する、メカあり・謎解きあり・冒険ありのヒューマンドラマが描かれる。

監督には『Caligula』『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』『長門有希ちゃんの消失』の和田純一、キャラクター原案には『Dimension W』で知られる漫画家の岩原裕二、メカニックデザインには『マクロスΔ』のブリュネ・スタニスラス、コンセプトデザインには『INGRESS THE ANIMATION』の幸田和磨、音響監督には、『機動戦士ガンダム NT』の木村絵理子を迎える。

さらにキャストとして、「Project ANIMA」のアンバサダーである緑川光、公式番組『豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部』にも出演中の豊永利行の出演が決定した。

公開されたコンセプトビジュアルでは、主人公の父娘・ガガンバ―とメメンプーがもともと居住していた、冒険の出発点となるアジア風の地下コロニー、「ピンイン」の全景イメージが描かれている。

本作のさらなる情報は、2019年8月3日放送の『ラジオ文芸部』でも明かされる予定だ。
[MoA]

■スタッフ
監督: 和田 純一
キャラクター原案: 岩原 裕二
メカニックデザイン: ブリュネ・スタニスラス
コンセプトデザイン: 幸田 和磨
シナリオ協力: 芝村 裕吏
音響監督: 木村 絵理子
音響制作: 東北新社
アニメーション制作: サテライト■キャスト
豊永 利行
緑川 光
ほか