新海誠監督「天気の子」トロント国際映画祭に出品決定 ジブリ「風立ちぬ」以来の邦画アニメ作品選出

新海誠監督の映画最新作『天気の子』が、「第44回トロント国際映画祭」のスペシャル・プレゼンテーション部門に出品されることがわかった。最高賞にあたる「観客賞」の選考対象となる。

『天気の子』は、前作『君の名は。』から3年ぶりの最新作として2019年7月19日に全国公開され、初日からわずか3日間で興行収入16億を突破。これは『君の名は。』対比で128.6パーセントにあたり、満足度も93.2パーセントと非常に高い数字だ。

また「週末興行ランキング」「ぴあ映画初日満足度調査」でも堂々の1位を獲得するなど、新たな金字塔を期待させる大ヒットスタートを切っている。

北米最大の映画祭にして、米アカデミー賞の前哨戦としても広く知られる「トロント国際映画祭」において、『天気の子』が選出されたのは世界を代表する映画作家の作品を集めた「スペシャル・プレゼンテーション部門」だ。

本映画祭にアニメ作品が選出されるのは珍しく、邦画としては宮崎駿監督の『風立ちぬ』以来。最高賞にあたる「観客賞」の選考対象となるだけに、2003年の北野武監督作『座頭市』に次ぐ日本作品の栄冠となるのか注目される。

[仲瀬 コウタロウ]

『天気の子』公式サイト
https://tenkinoko.com/
(C)2019「天気の子」製作委員会