京楽産業.グループ、映像事業新レーベル「MAGNET」始動 企画・プロデュース第1弾に「HUMAN LOST」


パチンコ・パチスロの製造・販売事業などを手掛ける京楽産業.グループが、アニメを中心とした映像事業を展開する新レーベル「MAGNET」を始動した。企画・プロデュース第1弾として、2019年秋の全世界公開を予定するアニメ映画『HUMAN LOST 人間失格』に参画している。

新レーベル「MAGNET」は、「マンガ(M)」「アニメ(A)」「ゲーム(G)」「ノベル(N)」「エンターテインメント(ET)」の 5要素をMAGNET(磁石)が引き寄せ、一つの強力なコンテンツを創り上げていくという想いを込めたレーベル名称だ。
事業としてはアニメを中心とした映像作品の企画・プロデュースを行うほか、自社のみならず他社との共同プロジェクトにも挑戦。今後、すべての出資作品に「MAGNET」とクレジット表記していく。

なお「MAGNET」は企画・プロデュース第1弾として、2019年秋全世界公開予定のアニメ映画『HUMAN LOST 人間失格』を手掛けている。
同映画ではスロウカーブと共同で企画・プロデュースを行い、太宰治の不朽の名作『人間失格』を『バジリスク~甲賀忍法帖~』の木崎文智監督ほか本広克行、冲方丁、ポリゴン・ピクチュアズという布陣がSF作品としてダイナミックにリメイクした。

同レーベルはこのほか、『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』シリーズ、『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』、『ゆるゆり、』などのタイトルにも出資。
今後も様々な窓口業務の運用や、ヴァーチャルアーティストによるLIVE事業、京楽産業.グループ傘下のダックスプロダクションによるアニメ・映画・ゲームの音響制作プロデュースなど、アニメを中心に幅広く事業を行っていく構えだ。

『HUMAN LOST 人間失格』
公開時期(予定) 2019年 秋 全世界公開
(C)2019 HUMAN LOST Project

『HUMAN LOST 人間失格』(C)2019 HUMAN LOST Project