ラノベ紹介サービス「キミラノ」がスタート パートナーキャラが適切な一冊を提案


ライトノベルをユーザー別にレコメンドするウェブサイト「キミラノ」がサービス開始。あわせて今回、サイト内での行動や読書記録などからユーザーの好みを解析し、お薦めのライトノベルを提案するパートナーキャラクター6名のビジュアルも公開となった。

「キミラノ」は、ライトノベルの「本が多すぎて分からない、自分で選べない」という悩みを持つユーザーのため、サイト内での行動や読書記録などのデータを集積・解析し、適切な一冊を毎日提案するサービスだ。
サービスには、角川スニーカー文庫、ファンタジア文庫、電撃文庫、ファミ通文庫、MF文庫J、ノベルゼロの6レーベルが参加。書籍の試し読みによる手軽な読書体験などが提供される。

この度、ユーザーが好きに選択することが可能なパートナーキャラクターが公開。オールジャンル担当の綴野つむぎ、異能バトル担当の皐月レオン、異世界ファンタジー担当のノエル・ミルフォード、現代青春担当の柴藤綾乃、ファンタジー担当のディアナ・ファーヴニル、ラブコメ担当の猫屋敷華恋と、それぞれ異なるイラストレーターによるキャラクターが登場する。


また、リリースキャンペーン第1弾として、3月21日には『魔法科高校の劣等生』『バカとテストと召喚獣』など、ライトノベル原作の大人気アニメがニコニコ動画にて生放送。計6タイトルから「キミラノ」によるセレクト回が1話ずつ放送されていく。
さらに、4月6日にはセレクト放送に加え、ゲスト声優が作品の魅力や見どころなどを紹介する特番も行われる予定だ。

ウェブサイト「キミラノ」は、2019年3月19日よりスタート。

ライトノベルをユーザー別にレコメンドするウェブサイト「キミラノ」がサービス開始。あわせて今回、サイト内での行動や読書記録などからユーザーの好みを解析し、お薦めのライトノベルを提案するパートナーキャラクター6名のビジュアルも公開となった。

「キミラノ」は、ライトノベルの「本が多すぎて分からない、自分で選べない」という悩みを持つユーザーのため、サイト内での行動や読書記録などのデータを集積・解析し、適切な一冊を毎日提案するサービスだ。
サービスには、角川スニーカー文庫、ファンタジア文庫、電撃文庫、ファミ通文庫、MF文庫J、ノベルゼロの6レーベルが参加。書籍の試し読みによる手軽な読書体験などが提供される。

この度、ユーザーが好きに選択することが可能なパートナーキャラクターが公開。オールジャンル担当の綴野つむぎ、異能バトル担当の皐月レオン、異世界ファンタジー担当のノエル・ミルフォード、現代青春担当の柴藤綾乃、ファンタジー担当のディアナ・ファーヴニル、ラブコメ担当の猫屋敷華恋と、それぞれ異なるイラストレーターによるキャラクターが登場する。


また、リリースキャンペーン第1弾として、3月21日には『魔法科高校の劣等生』『バカとテストと召喚獣』など、ライトノベル原作の大人気アニメがニコニコ動画にて生放送。計6タイトルから「キミラノ」によるセレクト回が1話ずつ放送されていく。
さらに、4月6日にはセレクト放送に加え、ゲスト声優が作品の魅力や見どころなどを紹介する特番も行われる予定だ。

ウェブサイト「キミラノ」は、2019年3月19日よりスタート。

「キミラノ」公式サイト
https://kimirano.jp