KADOKAWA、ラノベレコメンドサイト「キミラノ」を春始動 レーベル横断で1to1提案

ライトノベルのレコメンドサイト「キミラノ」

KADOKAWAが2019年春より、ライトノベルをユーザー別にレコメンドするウェブサイト「キミラノ」の運営をスタートすることがわかった。「ヨミタイがミツカル。」をキャッチコピーに、ユーザー別に本の好みを解析してお薦めのライトノベルを紹介するスマートフォン向けのウェブサービスとなる。

「キミラノ」では、大人気イラストレーター描きおろしのパートナーキャラクターが、ユーザーにオススメのライトノベルを1to1で提案。そのほかライトノベルに興味のあるユーザーが、「キミラノ」を通じて話題のライトノベルを知ることができるように、書籍の試し読みによる手軽な読書体験も提供していく。

2019年春のリリース時には、「角川スニーカー文庫」「ファンタジア文庫」「電撃文庫」「ファミ通文庫」「MF文庫J」「ノベルゼロ」の6レーベルが参加する予定だ。

なおサービス開始のカウントダウン企画として、約1か月にわたるリリースキャンペーンが2月19日より実施中。「キミラノ」公式Twitterアカウントをフォローして対象ツイートをRTした参加者から、抽選で100名にAmazonギフト券1,000円相当をプレゼントするという。
詳細は「キミラノ」ティザーサイトまで。

[仲瀬 コウタロウ]

■「キミラノ」公式サイト(ティザーページ)
https://pre.kimirano.jp/