「日本アカデミー賞」優秀アニメーション作品賞発表 「若おかみ」「コナン」など5作品が並ぶ

 

1月15日、2018年に日本で公開された映画作品を表彰する「第42回日本アカデミー賞」の優秀賞一覧が発表。優秀アニメーション作品賞には『ドラゴンボール超 ブロリー』、『ペンギン・ハイウェイ』、『未来のミライ』、『名探偵コナン ゼロの執行人』、『若おかみは小学生!』の5作品が並んだ。

「日本アカデミー賞」は、日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のために設けられ、1978年より毎年開催されている日本の映画賞だ。
第42回においては、2017年12月16日~2018年12月15日に公開され、上映回数や期間といった基準を満たした作品を選考対象としている。

優秀アニメーション作品賞に選出された『ドラゴンボール超 ブロリー』、『ペンギン・ハイウェイ』、『未来のミライ』、『名探偵コナン ゼロの執行人』、『若おかみは小学生!』のうち、最優秀賞は3月1日開催の授賞式で決定する。
昨年は『夜は短し歩けよ乙女』が最優秀賞を射止めたが、今年はどの作品がその栄冠に輝くのか、注目の式典となりそうだ。

[仲瀬 コウタロウ]

「日本アカデミー賞」公式サイト
https://www.japan-academy-prize.jp/
「第42回日本アカデミー賞」優秀アニメーション作品賞
『ドラゴンボール超 ブロリー』
『ペンギン・ハイウェイ』
『未来のミライ』
『名探偵コナン ゼロの執行人』
『若おかみは小学生!』

「第42回日本アカデミー賞」授賞式
日時:2019年3月1日(金)
場所:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール