アニメ×異業種コラボ「第3回アニものづくりアワード」応募受付開始 声優・高田憂希も応援コメント発表

アニメ・マンガ作品、キャラクターなどを活用した企業のコラボ事例を表彰する「アニものづくりアワード」が、2019年1月10日より第3回の応募受付をスタート。併せて、第2回で司会を務めた声優・高田憂希からの応援コメントも発表された。

「アニものづくりアワード」は、近年様々な業種・業態に裾野が広がっている「アニメ×異業種コラボ」について、その良作をアーカイブしたり、価値化する場として設立されたもの。
国内唯一の「アニメ×異業種コラボ」の表彰イベントとして、第1回はサントリーコミュニケーションズの「サントリー天然水 × 『君の名は。』「この夏、きっと逢える。」キャンペーン」、第2回は日本アイ・ビー・エムの「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」がグランプリに選ばれた。
3回目の開催となる2019年は「VTuber部門」を新設。あわせて全7部門から、幅広く「アニメ×異業種コラボ」の取り組みを募集・表彰していく。

今回、第2回で司会を務めた声優・高田憂希も応援コメントを発表。「私にとってアニメは“夢を与えてくれるもの”でした。その夢が形を変えて“声優”として、今も尚、私の中で大切な存在となっています。このアニものづくりアワードで発表された作品も、沢山の方に、いろんな形で夢や可能性を与えてくれるのだと思います。第3回では一体どんな“夢”が見られるのか、私自身とても楽しみにしています!」と、次回にも期待の様子だ。
さらに、高田自身もコラボを大歓迎のようで「“やるき!げんき!ゆうき!”企業の皆様、お待ちしております!(笑)」と呼び掛けた。

「第3回アニものづくりアワード」の応募期間は2019年1月10日~3月1日。選考対象は、2017年1月1日~2018年12月31日に発売・公開・実施された作品となる。
エントリーおよび詳細は「アニものづくりアワード」公式サイトまで。

[仲瀬 コウタロウ]

「アニものづくりアワード」公式サイト
https://animono.jp/

<応募対象>
2017年1月1日から2018年12月31日の間に、発売・公開・実施された企業や法人、官公庁による商品・サービス・広告・プロモーションのうち、アニメやマンガ、キャラクター等を活用したものが対象です。
<応募期間・方法>
応募期間:2019年1月10日(木)より2019年3月1日(金)まで
※応募方法はアニものづくりアワード公式サイトの応募フォームにて。
<各部門賞の発表>
発表・授賞イベント:2019年5月上旬
於:「マチ★アソビ」イベント会場