「ジブリ」ナウシカ、トトロ、魔女宅…お馴染み作品をスマホで読む “シネマ・コミック”が電子書籍化

「文春ジブリ文庫 シネマ・コミック」シリーズ10作品が、12月4日より電子書籍化として一挙配信されることがわかった。『風の谷のナウシカ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』といったスタジオジブリの有名作品を、スマホやタブレットで気軽に楽しめるようになる。

スタジオジブリ各作品のオリジナルフィルムを贅沢に使用した「文春ジブリ文庫 シネマ・コミック」は、完全新編集で映画の体感速度に限りなく近い躍動感を再現したオールカラーのコミックシリーズだ。
このたびの電子書籍化では、『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『おもひでぽろぽろ』『紅の豚』『平成狸合戦ぽんぽこ』『耳をすませば』『借りぐらしのアリエッティ』『もののけ姫』の10作品が対象となった。

シネマ・コミックの電子書籍は自由に拡大・縮小可能なため、『魔女の宅急便』に登場するスーパーの商品のディテールなど、背景の細かな描き込みにも注目できるところもポイント。
さらに明るさも調節可能なため、設定によってはジブリ作品の色彩へのこだわりを間近に感じられるページが発見できるかもしれない。
今回の電子書籍化にあたり、スタジオジブリは「何冊でも持ち歩ける電子書籍に、ジブリ作品が参加しました。ジブリの世界を、電子コミックでお楽しみください」とコメントしている。

「文春ジブリ文庫 シネマ・コミック」シリーズは950円(税込)で、12月4日より各種電子書店ほかにて配信開始予定。同日にはシリーズ最新作の文庫本『もののけ姫』も、1600円(税別)で発売される。

[仲瀬 コウタロウ]

「文春ジブリ文庫 シネマ・コミック」
価格:税込950円 ※電子書店によって異なる場合があります
配信開始日:12月4日(火)
主要販売電子書店:eBookJapan、BOOK☆WALKER、Kindleストア、楽天Kobo、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto他、電子書籍を販売している主要書店

「文春ジブリ文庫 シネマ・コミック10 もののけ姫」
著者名:原作・脚本・監督 宮崎駿
定価:本体1600円+税
発売日:12月4日(火)