講談社、「昭和元禄落語心中」で就活生にアピール 与太郎が“小噺”で会社紹介するアニメ「講談社噺」公開

株式会社講談社は、採用活動における初の会社紹介動画として、アニメ『昭和元禄落語心中』本編カットを使用したオリジナルアニメーション動画を11月26日に公開。新録音声を追加し、主人公・有楽亭与太郎が就活生に向けて講談社をアピールする内容に仕上がった。

『昭和元禄落語心中』の原作は、昭和の落語界を舞台に噺家の愛おしき素顔と業を描いた、雲田はるこによる人気漫画だ。2016~2017年に放送されたTVアニメでは、豪華声優陣の演技も大きな話題となり、若者を中心に落語ブームを巻き起こした。2018年10月からはNHK総合にて実写ドラマも放送されている。

3分尺に収められた会社紹介動画「講談社噺」では、主人公・有楽亭与太郎が、就活生に向けて講談社の歴史や現状を、落語の寄席のような雰囲気でズバッと解説。映像はアニメの本編カットを再編集し、主演声優・関智一による新録音声を追加する形で制作された。

[松本 翼]

「講談社2020年度入社定期採用」特設ページ
https://kodansha.saiyo.jp/2020/

【講談社採用会社紹介動画】
有楽亭与太郎「講談社噺」~『昭和元禄落語心中』より
原作:雲田はるこ『昭和元禄落語心中』(講談社「ITAN」所載)
出演:関智一(有楽亭与太郎 役)
脚本:中西やすひろ
制作協力:落語心中協会、 ポニーキャニオンエンタープライズ、 キング関口台スタジオ
(C)雲田はるこ・講談社/落語心中協会