東映株式会社、“創立以来初”の特撮番組プロデューサー募集 特撮のプロフェッショナルを求める

放送中の『仮面ライダージオウ』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』などを手掛ける東映株式会社が、創立以来初めて、特撮番組のプロデューサーを募集することが明らかになった。

創立以来初となる今回の募集では、特撮番組のプロフェッショナルを求めるとのこと。採用後は実際の職務を経験しながら実地研修を受け、テレビ放映されるプロフェッショナルの作品制作に直接関わることが可能だ。

雇用形態は契約者としての採用となるが、社員登用のチャンスも設けられており、社会保険は完備。さらに賞与も年に2回と、待遇面の補償も行われる。

応募希望者は、東映の採用情報ページからエントリーし、その後エントリーシートと課題(企画書の作成)の用紙を記入・郵送することで応募完了。エントリーは2018年12月17日締め切りで、書類送付は12月19日必着となっている。

東映「特撮番組プロデューサー採用」ページ
https://www.toei.co.jp/company/recruit/producer.html

[MoA]

『仮面ライダージオウ』(C)2018 石森プロ・テレビ朝日・ ADK ・東映