音声合成技術の時代に、声優の“発声権”を普及 81プロデュース×電通「デジタルボイスパレット」設立

電通と声優プロダクション・81プロデュースは、音声合成技術の活用を促進する一般社会法人「デジタルボイスパレット」を共同で設立。11月1日より業務を開始することが発表された。

デジタルボイスパレット設立は、音声合成技術の成熟に合わせて、人の声を元にした「デジタルボイス」への期待が高まっていることが背景にあるという。
声の主である声優に新しいビジネスの選択肢を与え、その権利を長期的に守り活用していくことが狙いだ。

主な活動内容は、デジタルボイスの質と権利を担保する認証の仕組み、「発声権」という権利概念の普及など。
このほか、誤用防止に向けたルール作成をはじめ、多言語デジタルボイスの開発、物故者の生前の声の再現や障がい者への音声サポートなど多岐に渡る。

今後は、音声技術関連業界と連携し、声優の言語や物理的な限界を超えた新しい体験価値の創造や、コンテンツ業界の発展に貢献していくことを目指していくという。
[室園あ子]

デジタルボイスパレット
http://www.digitalvoice.or.jp