サイバーエージェント、アニメ制作事業に本格参入 「CAAnimation」レーベル設立し、AbemaTVとも連動

サイバーエージェントが2018年10月17日付けで、アニメレーベル「CAAnimation(シーエーアニメーション)」を設立。アニメ制作事業に本格参入し、ネット配信やゲーム化展開へと取り組んでいく。

同社は2017年6月に、アニメIP(知的財産)への投資を目的としたファンド「CA-Cygamesアニメファンド」を子会社Cygamesと共同設立。現在はアニメ領域における同社グループの事業拡充を目的として、アニメ製作委員会への出資を通したアニメ作品のネット配信権、ゲーム化権の取得などを進めていた。

このたび立ち上げられた「CAAnimation(シーエーアニメーション)」では、新たにオリジナルアニメの制作へと参入。そこから誕生したオリジナルアニメを元に、サイバーエージェント子会社によるゲーム化展開など、メディアミックスを前提とする企画開発・プロデュースを行っていく。

またサイバーエージェント子会社のAbemaTVが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV」では、アニメが人気コンテンツのひとつとなっており、「CAAnimation」では「AbemaTV」とも連動することによって、オリジナルアニメIPの創出を図っていく構えだ。

[仲瀬 コウタロウ]

「CAAnimation(シーエーアニメーション)」
設立日:2018年10月17日
スタッフ:エグゼクティブプロデューサー 落合雅也
ゼネラルプロデューサー 田中宏幸(代表作:Wake Up, Girls! ユーリ!!! on ICE)