フラッシュアニメは死んだのか? 「秘密結社鷹の爪」FROGMANら、クリエイターが本音で語る

フラッシュアニメでクリエイティブを追求すること、お金を稼ぐことは両立できるのか。Flashの開発と提供終了が刻一刻と近づく中、「フラッシュアニメは死んだのか!?」をテーマに、『秘密結社鷹の爪』で知られるFROGMANら、現役クリエイターが集結するイベント「Splash!」が開催される。

「Splash!」は、独立系のアニメクリエイターを中心に、上映やトークを展開するイベントだ。
今回は「フラッシュアニメは死んだのか!? ~本音で語るアニメとカネ~」をテーマにFROGMANをはじめ、A.e.Suck、ルンパロ・チータ、春日森春木、青木隆志、山本雄三、高達俊之と、フラッシュアニメの黎明期から活躍するクリエイターが集結。20年のフラッシュアニメを総括し、それぞれの視点で縦横無尽に語り尽くす。

「フラッシュアニメは死んだのか!? ~本音で語るアニメとカネ~」は、2018年11月24日、阿佐ヶ谷ロフトAにて開催。また現在、特設サイトにてキービジュアルをモチーフとした、フラッシュゲームが無料提供中だ。

[MoA]

「フラッシュアニメは死んだのか!? ~本音で語るアニメとカネ~」イベントページ
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/101873

「フラッシュアニメは死んだのか!? ~本音で語るアニメとカネ~」開催記念ゲーム
https://www.jigokuhen.com/flasi/