エイベックスとエクシヴィ、VRでアニメを作る「AniCast Lab.」設立 直感的なアニメ制作環境を目指す

エイベックス株式会社が、VRアニメーション制作ツール「AniCast」を開発・提供している株式会社エクシヴィと共同で「AniCast Lab.」を設立。この「AniCast Lab.」では、VR技術を活用し、Vtuberのような形で簡易にアニメを作る技術を追求していく。

昨今では、バーチャルYoutuberなど、シナリオを完成させる形ではなく“リアルタイム性の高さ”を売りにしたコンテンツが盛り上がりをみせ、キャラクター市場に変化が訪れてている。同ラボはアニメの制作環境を、これらの変化に対応させるために設立された。

「AniCast Lab.」が目標とするのは、VRによる直感的なアニメ制作環境である。
まるで映画を撮っているような直感的なインターフェースで、カメラを操作し、背景を変え、“アニメを撮影”できるツールで、アニメ制作にパラダイムシフトを起こすことを目指す。

同ラボは今後、これまでにないIP創出の土壌を広げるべく、XVI Inc.の持つVR技術と、エイベックスグループの持つIPやアニメ制作ノウハウを組み合わせ、次世代のアニメーションコンテンツを制作していく。

[松本翼]

「AniCast Lab.」公式サイト
https://anicast-lab.jp/

「AniCast Lab.」Twitter
https://twitter.com/AnicastLab