世界初の声優バスケリーグ「SJ3.LEAGUE」が発足! なぜ“声優×バスケ”なのか? 発表会&公式練習をレポート

8月29日、文京学院大学 本郷キャンパスにて、「声優Jrバスケ3×3(SJ3.LEAGUE)」の発足記者発表会が行われた。世界初となる声優たちによるバスケットボールリーグとはいかなるものなのか、気になるその模様をレポートする。

今回発足したSJ3.LEAGUEとは、若手声優たちによって結成された8チームが参加して競う3X3バスケットボールリーグのこと。日本バスケット協会の公認・協力のもと、春と秋の年2回(2018年は秋季のみ)に公式戦を行い、優勝を競うという。


司会進行は声優の駒田航と福緒唯。福緒さんはチーム・ちぇるびあっちの一員としてリーグに参加。バスケ経験者である駒田さんは大会のDJを担当するとのこと。

ちなみに3×3(スリー・バイ・スリー)バスケットとは、ハーフコートを使って3対3で競うバスケットボールのこと。スピーディーな試合展開と、音楽や場内実況などエンターテインメント性の高さも魅力。
2020年の東京オリンピックでは正式種目が決定しているとあって、今後さらなる注目を集めること間違いなしのスポーツだ。

「なぜ声優がバスケを?」という疑問に対して、本リーグの理事長を務める南沢道義氏は「これからの声優は声の演技だけではなくプラスアルファの二刀流が大事」と、その理由を熱弁。
また、リーグにはすでに、エンタメ系企業を中心とした10数社との協力があり、公式戦以外にも、ファンクラブ活動やライブイベント、アニメ、ゲームなど多方面での展開を進めていきたいと展望を語った。


発足の意義や理念を語る南沢道義理事長。81プロデュースの代表取締役としても知られる。
会見後半では、リーグに参加する在京の7チーム(北京チームは欠席)のメンバーが、このリーグのために制作されたテーマソングに乗って登場。
「宣戦布告しに来ました!」「皆さんに笑顔になってもらえるようなチームに」「やるからには絶対勝ちたいです!」「新人らしく元気にフレッシュに」と、リーグ参戦にかける意気込みをアピールした。バスケ経験はまちまちとのことだが、それぞれのチームが個性を発揮して戦う姿に期待したいところだ。


参加の意気込みを語る石原千尋さん、稗田寧々さん、烏丸じゅりあさん、花ノ木美織さん(左から)。


参加の意気込みを語る大川華恵さん、亀鷹ひかるさん、新津実稀奈さん(左から)。
さらにはゲストとして、FIBA 3×3 Wordl Cup 2018日本代表の落合知也選手が登場。「まだまだ3×3という競技はマイナーなので、SJ3.LEAGUEさんと一緒に盛り上げていきたいので共にがんばりましょう!」とバックアップ体制を約束した。

会見後には、参加選手が勢揃いしての公開練習を実施。若手女性声優たちの共演とあって、華々しい雰囲気の中でドリブルからのシュート練習が披露された。
また、練習後半には3×3日本代表の落合氏がディフェンス役となり、マンツーマンでのシュートチャレンジに挑む様子も。身長195cmと大柄な落合選手のディフェンスをかいくぐりシュートを放つ(おしくもゴールはならず!)選手もいるなど、早くも見せ場を作り出していた。




声優とスポーツのコラボレートという、何が生まれるかがワクワクするこのプロジェクト。9月30日には豊島区の南長崎スポーツセンターにて、公式大会“SJ3.LEAGUE 2018秋”が開催決定。観覧は無料とのことなので、興味を持った方はぜひ足を運んでみたい。