人気キャラの“萌え酒”扱う「鈴木酒店」が海外進出へ、“萌え×日本酒”を全世界へ発信

キャラクターをイメージしたお酒「萌酒」の販売を行う静岡県静岡市の「鈴木酒店」が、世界135ヶカ国に販売実績のある越境ECモール「ZENMARKETPLACE」で海外販売を実施。「萌え×日本酒」という日本の独自文化を世界中に発信していく。

鈴木酒店は、昭和元年創業の酒屋。三代目店主がオタク趣味であり、オリジナルキャラクターを冠した酒類『静岡萌酒綺譚』シリーズや、オリジナルグッズの販売も行っているユニークな酒屋だ。

今回の海外進出には、販売プラットフォーム「ZENMARKETPLACE」を利用。このプラットフォームは販売代行で世界135ヶ国に発送実績を持つ越境オンライン・ショッピングモールだ。
8カ国語対応のWebサイトとなっており、初期費用・月額費用もかからず、商品代金の10%の手数料で、海外向けの多言語ショップが出店できる。

同店が海外に向けて販売するのはオリジナルの萌酒。同店では、静岡の地酒にキャラクターという付加価値を付けた商品を企画・販売しており、これらを海外に向けても販売することとなった。
[松本翼]

鈴木酒店
http://www.sake-online.com/