2回目となる「ロサンゼルスアニメ映画祭2018」開催、高畑勲監督作や湯浅政明監督作を上映

「ロサンゼルスアニメ映画祭」昨年度の様子 (C)Los Angeles Anime Film Festival

2018年9月21日~23日、アメリカ・ロサンゼルスにて「ロサンゼルスアニメ映画祭2018」を開催されることが決定した。映画祭では、『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』の北米プレミア上映をはじめ、高畑勲監督追悼上映、『君の名は。』などの話題作を含めた20作品以上が上映される。

「ロサンゼルスアニメ映画祭」は2017年からスタートし、今年2回目の開催となる北米最大のアニメ映画祭。新作アニメ映画から旧名作アニメ映画まで、全20作品以上を3日間にわたりロサンゼルスの映画館で上映するイベントとなっている。さらに、レッドカーペットイベント、監督や声優を招いたトークセッション、音楽イベントなども実施される。

2018年の映画祭では、『中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』の北米プレミア上映や、高畑勲監督追悼上映としての『火垂るの墓』『かぐや姫の物語』など5作品が上映予定。

さらにクラウドファンディングで総額7695万以上の支援を受けて話題となった『少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR YOU- 完全版』も上映が決定。3000人を超えるファンがクラウドファンディングを通じて支援した熱い作品となっており、CG全盛の時代に全て手描きで作られた総動画枚数3万枚を超える、アイドルのライブパフォーマンスは必見だ。

その他にも、オタワ国際アニメーションフェスティバル長編部門グランプリを受賞した『夜は短し歩けよ乙女』をはじめとした湯浅政明監督の数作品や世界での興行収入が日本アニメ歴代1位となった『君の名は。』などの話題作が上映される。

なお現在、日本のアニメファンと一緒に作り上げる映画祭にするべくクラウドファンディングを実施中。来年の企画会議へ参加や、アニメ映画祭ディレクターとの食事会、レッドカーペットへの参加などユニークなリターンが用意されているので、ぜひチェックしたい。
[松本翼]

ロサンゼルスアニメ映画祭2018 イベント概要
英語表記:Los Angeles Anime Film Festival 2018 (LA-AFF 2018)
開催日:2018年9月21日~23日(3日間)
会場:Regal L.A. LIVE: A Barco Innovation Center
予定総動員数:6,000人
主催:ロサンゼルスアニメ映画祭実行委員会
後援:JETRO / 国際交流基金ロサンゼルス日本文化センター

(C)Los Angeles Anime Film Festival