アニメCG業界でいかに働くか? サブリメイション須貝真也氏がデジハリ大阪校で特別講義

2018年8月4日に『アニメCG業界での働き方』をテーマに、 3DCGディレクターの須貝真也が登壇するセミナーが、デジタルハリウッド大阪校にて開催されることが決定した。

セミナーでは、『Walking Meat』『ひるね姫~知らないワタシの物語~』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』など数々の話題作を手掛ける3Dスタジオ・サブリメイションの須貝真也を招き、3DCGアニメーション制作現場のワークフローを含めアニメCG業界に入るためのスキル・経験・手順などについて語る。

さらに、上記の特別講演と同時に「未経験から3DCGのスキルを身に付けたい方」を対象に、 2018年9月開講【本科CG/VFX専攻】の個別スクール説明会も開催される。

これからアニメ業界を目指したいと考えている大学生や専門学生、業界への転職を考えている人や、サブリメイションが手掛ける作品のファンなど、アニメCG業界に興味がある人はぜひ参加してみたい。
[松本翼]

■開催概要
株式会社サブリメイション取締役須貝 真也氏による特別講演
『アニメCG業界での働き方』

日時:2018年8月4日(土)17:00~19:00

第1部 デジタルハリウッド スクール説明会(15:30~17:00)
第2部 サブリメイション企業セミナー(17:00~19:00)
※入学検討者の方は『第1部 デジタルハリウッド スクール説明会』よりご参加ください。

会場:デジタルハリウッド大阪校
(大阪府大阪市北区鶴野町4-11 朝日プラザ梅田ビル2F)

参加費:無料・要予約(先着40名)

『Walking Meat』メインビジュアル (C)Walking Meat 製作委員会
株式会社サブリメイション ロゴ