「第13回声優アワード」4部門が新設、最も活躍した声優に贈られる“MVS”や“インフルエンサー賞”他

毎年3月に行われる声優業界・声優ファンのイベント「声優アワード」が今年も開催。13回目となる今回から新たに「MVS」、「外国映画・ドラマ賞」、「ゲーム賞」、「インフルエンサー賞」の4部門が設立される。

「声優アワード」はその年に活躍した声優の顕彰を目的として、2007年より毎年3月にその顕彰式を行うイベント。
13回目の今回はファンによって、ジャンル、新人・ベテランなどキャリアは関係なく、子供から大人まで、ツイッターで簡単に投票ができるMVS(MostValuable Seiyu)を新設。
日本中から集まる票をMVSに集約し、一番票を多く集めた声優には「今年度、最も活躍した声優」として賞が贈られる。
2018年8月1日(水)より投票が始まり、中間発表も予定している。

そのほか、歴史のあるジャンルでありながらもこれまで顕彰する機会が少なかった“吹き替え”と“ゲーム”にスポットライトをあてた「外国映画・ドラマ賞」、「ゲーム賞」が誕生。
また、昨今大きな影響力を持つ“SNS”にスポットをあて、声優ユーザーの中で最も影響力のある人=インフルエンサーに贈る賞として「インフルエンサー賞」も設立される。

その他の部門についてはこれまで通り、様々な媒体での反響やデータをもとに選考委員会で顕彰・選定される予定だ。

■主催 声優アワード実行委員会
■共催 株式会社KADOKAWA/株式会社文化放送/ 株式会社小学館/株式会社小学館集英社プロダクション
■投票概要 公式ウェブサイトにて8月1日(水)に発表
■授賞式 2019年3月
http://www.seiyuawards.jp