オタクグッズの越境個人間取引サービス「Otsukai」β版ユーザーが3,000人突破 18年夏に一般開放へ


海外のアニメ・マンガファンに向けた“OTAKU”カルチャーサイト「MANGA.TOKYO」を運営するDONIKAが、アニメファン向けのリクエスト型越境CtoCサービス「Otsukai」のβ版をリリース。国外ユーザーが開始約1ヶ月で3,000人を突破したことが明らかとなった。

「Otsukai」は、「日本でしか手にはいらないオタクグッズを、日本の友達に買ってきてもおう!」をコンセプトとしたサービス。海外のアニメファンが欲しいアイテムをリクエストし、日本人がアイテムを提案。条件が合えば取引が成立するというシンプルな内容だ。
ハードルの高かった越境個人間取引を扱っているが、それを「MANGA.TOKYO」で培ったノウハウでサポート。誰でも簡単に円滑な取引が行え、報酬を受け取ることができるプラットフォームを実現しているという。

現在はβ版のため国内ユーザーは現在制限中だが、2018年夏には一般開放が行われる予定だ。
[仲瀬コウタロウ]

「Otsukai」事前登録フォーム for 国内ユーザー
https://otsukai.manga.tokyo/hosting/lp-20180508-otsukai-pre-register