円谷プロ、「ウルトラマン」海外利用権で全面勝訴 「積極的に海外展開を進めていく」

(C)円谷プロ

円谷プロダクション(円谷プロ)は4月24日、ユーエム社らと係争中だった特撮テレビ番組『ウルトラマン』の日本国外利用権について、全面的に勝訴したことを発表。アメリカ合衆国カリフォルニア中央区地方裁判所において一切の権利を有することが確認されたほか、権利侵害に対する損害賠償も認められたことを明かした。

この訴訟は、『ウルトラマン』シリーズの日本国外利用権を保有すると主張するユーエム社が、2015年5月18日付けで同権利の帰属確認と損害賠償の支払いを求める旨を提訴したことから発生。これに対し、円谷プロ側も2015年9月11日付けで反訴を提起し、審理が進められていた。

ユーエム社は訴訟の根拠として、1976年当時に円谷プロの代表を務めていた円谷皐氏が署名した契約書が存在し、同契約書に基づいて許諾された『ウルトラマン』シリーズの日本国外利用権を、タイ人実業家であるサンゲンチャイ・ソンポテ氏から承継したと主張。円谷プロ側はこれを偽物であるとして争っており、その真贋を主な争点として20年以上にわたり係争が続いていた。

日本、タイ、中国での裁判を経た今回の米国訴訟では、「ディスカバリー」と呼ばれる手続きを通じ長時間の調査分析がなされたほか、両当事者の多数の証人や筆跡鑑定の専門家証人等について、デポジション(トライアルの前に宣誓のもと行われる証言)および証人尋問も実施。
このような手続を経て、判決では「1976年3月4日付けの契約書は円谷皐によって署名され捺印された真正な契約書ではなく、効力はない」と判断された。

今回の全面勝訴を「これまでの長い係争のいわば集大成であると考えております」とした円谷プロは、その内容について「長い時間と膨大な労力をかけた精緻な証拠開示手続に加え、多数の証人の証言、筆跡鑑定の専門家の鑑定意見等を経て出されたもので、極めて信頼性の高いものであると考えます」とコメント。「この判決を踏まえて、今後はさらにウルトラマン作品の積極的な海外展開を進めていく所存でございます」と結んだ。
[仲瀬コウタロウ]