ゲーム開発者のためのCEDEC 受講者受付開始

 8月31日から9月2日まで開催される国内最大のゲーム開発者のカンフェレンスCEDEC2010(CESAデベロッパーズカンファレンス) が、7月1日より受講受付を開始した。受講券は3日間有効のレギュラーパス、1日のみのデイリーパスに加えて、参加プログラムを限定したエキスポパスを今年から設定した。
 プロフェッショナル向けのイベントのため受講料がそれなりに必要なCEDECだが、エキスポパスは参加出来るプログラムを限定することで、通常申込み1000円、当日1500円の手頃な参加費を実現した。セッション参加の時間はあまりないが、会場の様子を確認したい人などに重宝されそうだ。

 一方、いまからセッション受講を決めている参加者にとっては、7月31日までの早期申込みのレギュラーパスが便利だ。通常申込み40000円の一般パスが30000円となる。このほか早期申し込みは、団体・紹介割引25000円、学生・CESA会員が20000円と通常申し込みより5000円安くなる。
 なお、レギュラーパスの当日受付は販売されないので、複数日の参加をする場合はレギュラーパスがマストとになるだろう。デイリーパスは通常申し込み15000円、当日申し込み20000円である。

 また今回CEDECは、セッションの一部も明らかにしている。毎年、専門性の高いプログラムを中心に評価の高いCEDECだが、今年もプログラミング、ビジュアルアーツ、ゲームデザイン、プロデユース、ビジネス&マネジメント、海外、新分野など12領域に、ショートセッション、パネルディスカッション、ラウンドテーブルまでおよそ150を予定する。
 「次期アイドルマスター グラフィクス&アニメーション プログラミング プレビュー」や「FINAL FANTASY XIV のアニメーションワークフロー」といったヒット作を取り上げたものも多い。多くの関心を集めそうだ。
 昨年、富野由悠季氏、堀井雄二氏、原島博氏と大物ゲストの登場で話題を呼んだ基調講演は、今後発表される。CEDECは今年も昨年同様に、異なる分野から話題性にある人物を招聘する予定にしている。

CEDEC 2010(CESA デベロッパーズカンファレンス2010)
公式ウェブサイト: http://cedec.cesa.or.jp/

会期: 2010年8月31日(火)~9月2日(木)
会場: パシフィコ横浜・会議センター(横浜市西区みなとみらい)
主催: 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催: 日経BP社
後援: 経済産業省、情報処理学会、日本バーチャルリアリティ学会