オンラインプラットフォーム「まんがのレジまぐ」が始動 電子コミックの直接販売は業界初

インターネットメディアや決済プラットフォームを運営しているメディアインデックスは、漫画家と読者を直接つなぐ漫画のオンラインプラットフォーム「まんがのレジまぐ」を、2017年7月3日よりグランドオープンした。出版社や取次事業者を挟まない電子コミック流通は業界初の試みとなる。

「まんがのレジまぐ」は出版社や取次業者を挟むことなく、漫画家が自身で描いた漫画を好きな時に公開・販売できるオンラインプラットフォームである。読者が「まんがのレジまぐ」で電子コミックを購入すると、売り上げの70パーセントが漫画家本人に支払われるという仕組みだ。
漫画家は1話ごとに好きな価格を設定することも可能で、「1~5話までは無料にし、6話からは1話あたり30円にする」といった柔軟な販売も行える。また一定期間を過ぎた時点で無料化もできるため、新しい話を追加して1週間は30円、それを過ぎたら無料などと細かく変更することも可能だ。さらにオンラインプラットフォームの特性を活かし、読者の趣味趣向をシステムで分析する機能も。読者が好みそうな傾向の作品をレコメンドし、作品に合った読者層に漫画を届けることができる。

同プラットフォームは5月16日より事前登録を開始しており、既に500名を超える漫画家や作品の登録が行われた。また漫画家の卵や将来の漫画家の育成に力を入れるため、「東京コミュニケーションアート専門学校」「大阪デザイン&IT専門学校」「福岡デザインコミュニケーション専門学校」の各専門学校と提携・タイアップも実施しているという。
2017年中に2,000名の漫画家登録と1万タイトルの配信を目指すという「まんがのレジまぐ」。メディアインデックスによる電子コミック市場の流通革命はどのような展開を見せるのか、今後注目のオンラインプラットフォームとなりそうだ。

「まんがのレジまぐ」トップページ
https://regimag.jp/comic/