配信ビジネスでアニメーション製作はどう変わるのか? Bill Kroyer氏をゲストにセミナー開催

公益財団法人ユニジャパンは経済産業省からの委託事業の一環として、米国アカデミー協会で長編アニメーション部門長を務めるBill Kroyer氏を招き、アニメーションに関連した2つのセミナーを開催すると発表した。

6月16日に東京・コングレスクエア日本橋ホールBにて開催される「配信ビジネスで変わるハリウッドのアニメーション製作」では、劇場公開にインターネット配信が加わることによって、作品のコンセプトづくりや制作内容、マーケティング戦略がどのように変化しているのかについて解説が行われる。
CGアニメーションの第一人者として長年業界で活躍してきた経験を持ち、現在もアカデミー協会でアニメーション業界の変化を間近で感じているKroyer氏から、世界のトレンドを牽引する米国市場の動向を直接聞くまたとない機会となる。セミナーは無料で実施され、日英の同時通訳も行われる。

そして6月18日に東京・AP新橋虎ノ門会議室Cにて開催される「世界展開を目指すアニメーションの企画開発手法」は、ディズニーやピクサーなどでも採用されているシステム化された企画開発手法についてのセミナーとなる。CGアニメーションの黎明期より複数のポジションで多くの作品に携わってきたKroyer氏が、ハリウッドのスタジオにおいてストーリー開発が体系化された経緯ほかクリエイターやチームが企画を練り上げていく際のルール、企画開発をサポートする技術やツール等についての解説を行っていく。
こちらのセミナーは質疑応答等も含めてすべて英語で進行し、通訳は実施されないので注意したい。参加費は無料だが、交流会費として3,000円程度の実費が必要となる。

どちらのセミナーもアニメーションを中心としているが、ネット配信の登場によるコンテンツビジネスの変化やハリウッド式のストーリー開発手法など、コンテンツビジネス全般に関する内容となる。アカデミー協会から業界を俯瞰する講師の話を聞ける貴重な機会だけに、コンテンツビジネス関係者やその志望者には必聴のセミナーとなりそうだ。
[仲瀬コウタロウ]

「配信ビジネスで変わるハリウッドのアニメーション製作」
日時: 2017年6月16日(金) 16:00~18:00 (開場15:30)
会場: コングレスクエア日本橋 ホールB
参加費: 無料
https://producerhub.go.jp/information/event/20170616.html

「世界展開を目指すアニメーションの企画開発手法」
日時: 2017年6月18日(日) 15:00~17:30 (終了後に別途交流会を開催予定)
会場: AP新橋虎ノ門 会議室C (東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル)
参加費: 無料。ただし交流会費として実費 (3,000円程度) を頂戴いたします。
https://producerhub.go.jp/information/event/170618.html