アヌシー2010開催 『サマーウォーズ』受賞逃すがアヌシーに共感残す(前編)

アヌシー2010、50周年記念開催
『サマーウォーズ』、受賞は逃すが、細田守監督はアヌシーに共感を残した。
(前編)

オフィスH 伊藤裕美
[筆者の紹介]
伊藤裕美 (いとう ひろみ) 現職 オフィスH(あっしゅ)代表。
外資系ソフトウェア会社等の広報宣伝コーディネータや、旧エイリアス・ウェーブフロントのアジアパシフィック・フィールド・オペレーションズ地区マーケティングコミュニケーションズ・マネージャを経て1999年独立。海外スタジオ等のビジネスコーディネーション、メディア事情の紹介をおこなう。EU圏のフィルムスクールや独立系スタジオ等と独自の人脈を持ち、ヨーロッパやカナダのショートフィルム/アニメーションの配給・権利管理をおこなう。
1999年より毎年、世界最大規模のアヌシー国際アニメーション・フェスティバルに参加し、プチ・セレブ気分でアニメーション三昧の1週間を過ごすのが趣味。
http://blogs.yahoo.co.jp/hiromi_ito2002jp

 フランスではカンヌに次ぐ国際映画祭とされる、アヌシー国際アニメーション・フェスティバル(Annecy 2010 http://www.annecy.org/)が15万人以上の観客、70ヵ国から7300人の専門家を集め、6月7日から12日まで、フランス東南部ローヌ・アルプ地域の保養地アヌシーで開催された。1960年に始まった“アヌシー”は、今日では世界で最も長い歴史を持ち、最大規模のアニメーション専門映画祭として名を馳せる。今年は映画祭の50周年、アニメーション専門の国際マーケットMIFAの25周年という記念開催となった(初期隔年開催であった映画祭は34回目となる)。
 ヨーロッパのアニメーション界の活性化とともに、“アヌシー”は規模を拡大してきた。記念開催の今年はひときわ賑わった。VIPリストに名を連ねた、アニメーション史を飾る面々・・・『シュレック4』を携えたジェフリー・カッツェンバーグ(ドリームワークス)、3D立体視映画の名匠ベン・スタッセン、『プリンセスと魔法のキス』のジョン・マスカー(審査員)、『アズールとアスマール』のミシェル・オスロ、「ウォレスとグルミット」のニック・パーク(審査員)、「ザ・シンプソンズ」のマット・グレイニング、『戦場でワルツを』のアリ・フォルマン(審査員)、「アイス・エイジ」のキャラクターデザイナーのピーター・デセーヴ(審査員)、『ライアン』でオスカーを受賞したクリス・ランドレス、『ライオン・キング』などの作詞家ティム・ライス(審査員)、オランダとカナダを拠点に活動するポール・ドリエッセン、フランスのアニメーション作家フローランス・ミアイユ、『La Prophétie des grenouilles(カエルの予言)』をヒットさせたジャックレミー・ジレール、初長編3Dアニメーション映画を制作中のパトリス・ルコント(審査員)、アメリカのビル・プリンプトンなどが集った。
 日本からは、長編部門コンペティションのファイナリスト、『サマーウォーズ』の細田守、広島国際アニメーション・フェスティバルのディレクター木下小夜子(審査員)らが駆けつけた。オープニングセレモニーでは、『ベルヴィル・ランデブー』の成功でフランスアニメーションのヒーローとなった、シルヴァン・ショメの新作『L’Illusioniste(奇術師)』が初披露された。

 アニメーション映画を生み、そのアート性や表現技法を発展させたフランス、そしてヨーロッパ諸国。カートゥーンとその名物キャラクターで世界のスクリーンを席捲したハリウッド。そして、TVシリーズやOVA(オリジナルビデオアニメーション)を独自に発展させたANIME(アニメ)の日本。作家性を研ぎ澄ます独立系作家たちも一堂に集う、アニメーションのCarrefour=交流点、それが“アヌシー”だ。50年前、アレクサンドル・アレクセイエフ、ポール・グリモー、イジー・トルンカ、マックス・フライシャーら20ヵ国以上のアニメーション作家によって始まった。作家らが組織するASIFA(国際アニメーションフィルム協会)の元で開催されるアニメーション映画祭はその後増え、クロアチアのザグレブ、カナダのオタワ、広島などが続くが、アヌシーは筆頭格。飛び交う紙飛行と“ルラパン(うさぎ)”コールが集う者たちの心を熱くする。

日没後に毎日上映される、屋外シアター。人気作品では8000人もが集まるという。(c) CITIA

 隔年開催だった映画祭は1999年から毎年開催となった。映画祭は世界各地で増える、その多くが毎年開催となるが、アヌシーは一足早く切り替えた。当初は作品が集まるか不安視されたが、コンペティション応募も特別プログラムも順調に増えた。今年の応募は1955本。アニメーションのアート性や表現力が現れる短編作品に注目が集まるが、アヌシーは1993年から始まった長編部門に10年来力を入れる。今年は、アメリカ、スウェーデン、フランス、フランス/イタリア、中国、そして日本の2本、計7本がコンペティションに残った。
 短編 39本、TVシリーズ 38本、TVスペシャル 7本、教育・科学など 6本、コマーシャルなど 19本、ミュージックビデオ 6本、卒業制作 51本、計173本が公式コンペティションのファイナリストとなり、51本(長編 6本、短編 45本)がアウトオブコンペティションで上映された。さらに、国特集のアルゼンチンから55本の短編と62本のコマーシャルが紹介された。各年代の代表作をセレクトした50周年特別プログラムには、日本から、久里洋二の『花』(1967年)、手塚治虫の『おんぼろフィルム』(1985年)、山村浩二の『頭山』、新海誠の『猫の集会』(2007年)が選ばれた。

2ページ目(長編グランプリで脚光を浴びた、『サマーウォーズ』)に続く