JAniCA 新代表理事に山崎理さんを選任

 日本アニメーター・演出協会(JAniCA)は、2010年6月6日に東京都・杉並区で開催された会員総会、理事会にて新たな代表理事として、山崎理(ヤマザキオサム)氏を選出した。前代表の芦田豊雄氏に代り、アニメーションを創りだすクリエイターたちの団体を束ねる。
 山崎理氏はアニメ製作のワオワールドに所属、『ギャラリーフェイク』や『地球へ』の監督などを行っている。アニメ監督・演出のほか、脚本家、プロデユーサーとして活躍している。当初はアニメーター中心の組織として始まった。しかし、2007年の発足当初には、アニメーターだけでなく演出もその組織名に加え、より幅広いクリエイターを対象とした。幅広い活動を続ける山崎理氏は、そうした組織に相応しい代表と言えそうだ。

 また、代表理事のほか、ふたりの理事もこの程新しく改選された。旧理事の宇田川一彦氏、神村幸子氏に代わり、井上俊之氏、杉野左秩子氏が新理事となる。両名とも実力派のアニメーターとして広く知られた存在だ。
 JaniCAによれば、今回の改選は世代の若返りのためだという。組織立ち上げからちょうど3年、理事を固定化させないことで、永続的に運営出来る体制を目指すためという方針が理解出来る。

日本アニメーター・演出協会(JAniCA) http://www.janica.jp/