09年国内キャラ市場1兆5770億円 CharaBiz DATA調

 2009年の国内キャラクター商品の小売市場はおよそ1兆5770億円に達し、微増ではあるが6年ぶりに前年を上回った。このほどキャラクター・データバンクがまとめた「CharaBiz DATA2010⑨」にて明らかになった。
 同社の調査によれば、2009年のキャラクター商品小売市場規模は、前年から2.4%増加した。また、小売市場規模に基づいた人気キャラクターランキングでは、シェア7.56%の『それいけ!アンパンマン』が調査開始以来初のトップになり、その後には「プリキュアシリーズ」(3.96%)、『仮面ライダーW』(0.83%)、『仮面ライダーディケイド』(0.86%)、『侍戦隊シンケンジャー』(0.74%)、『イナズマイレブン』(0.74%)などが続く。キャラクター・データバンクは、テレビ連動型キャラクターが好調に推移したとしている。

 「CharaBiz DATA2010⑨」は、2001年以来、キャラクター・データバンクが毎年発行している。キャラクタービジネス市場の最新動向を、豊富なデータと多角的な取材によりまとめている。
 推定市場規模やキャラクターライセンス動向、2009年人気キャラクターベスト100といったキャラクター商品市場、キャラクターMD動向、ライセンサー動向、コンシューマー動向、販売チャネル動向、AD&SP動向などまとめられている。2010年版は特集として、2000年から2009年までのキャラビズ業界を変化を振り返り、今後の方向性を読み解く。2000年代のキャラクタービジネスの総括する内容ともなっている。

 「CharaBiz DATA2010⑨」はA4版304ページで5月28日発売、価格は本体のみで税込39900円、よりデータを使いこなすユーザーに便利なCD-ROM同梱版は税込52500円となる。キャラクター・データバンクのウェブサイトにて申し込み可能だ。

『CharaBiz DATA2010⑨』
判型 : A4版・1C
頁数 : 304 ページ
発刊日 :2010年5月28 日(予定)
本体価格: 39900 円(本体価格:38000 円+税:1900円)
CD-ROM 同梱版: 52500 円(本体価格:50000 円+税:2500円)

申し込み
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=3198

【掲載内容】
特集 2000年~2009年 キャラビズ業界10年の軌跡からみる今後の方向性

第1章 2009年のキャラクター商品市場
推定市場規模/キャラクターライセンスの動向/2009 年人気キャラクターBEST100(ユーザー調
査より)ほか
ビジネストピックス
≪新たな地域とキャラクターの関係性≫/≪マスメディア低迷とCGM隆盛のなかで集約化が進む市場環境≫/≪“求められる価値”を提供し活況を呈すキャラクターイベント≫/≪コンセプトショップ形態が市場を牽引するキャラクター流通動向≫/≪キャラクターがつなぐ企業のコミュニケーション戦略≫

第2章 キャラクターMD動向2009

第3章 ライセンサー動向2009

第4章 コンシューマー動向2009

第5章 販売チャネル動向2009

第6章 AD&SP動向2009

巻末付録(データ・資料)
キャラビズの実態と今後の方向性/キャラビズ関連データ