同人誌iPad/iPhone向けアプリ化 サポートサービス開始

 同人誌関連情報の総合ポータルサイト「Circle.ms」を運営するサークル・ドット・エムエスは、4月27日に新サービス「emes -えむえす-」を開始した。「emes -えむえす-」は、同人誌をiPad/iPhon向けの電子書籍アプリとして作成するものだ。作家たちはプロの手を借りることで、同人誌をより手軽に新時代のプラットフォームとして注目されるiPad/iPhonで展開することが可能となる。
 サービスは4月27日に開始、また新サービスの開始に伴い、βテスターの募集を開始する。6月6日まで、同人誌の電子書籍化を希望する作家の登録を受け付ける。

 「emes -えむえす-」で提供されるのは、同人誌を電子書籍化し、iPad/iPhoneで閲覧出来るアプリケーションとすること、そしてさらにiTunesStoreで販売する。この電子書籍アプリでは、ページ送り/戻り、拡大・縮小、回転、しおりといった電子書籍としての基本的な機能を備えられる。ユーザーにとって扱い易い電子書籍が実現する。
 サークル・ドット・エムエスは、「Circle.ms」を通じて全国の同人誌作家、同人誌ファンにコミックマーケットなどの関連イベントの情報を伝える大手である。また同人誌イベントのオンライン申込受付や印刷所を探す「印刷Navi」などのサービスを提供するなど、同人誌界での存在感は大きい。それだけに今回のサービス開始は、同人誌の今後の在り方に大きなインパクトも与えそうだ。

 iPhon向けアプリの盛況と昨年のアマゾン キンドル(Kindle)の発売、今年4月のiPadの発売と出版コンテンツの電子書籍化の流れがコンテンツ産業の大きなテーマとして一気に浮上した。なかでも個人作家に注目されているのが、出版会社や既存の流通チェーンを利用しないことで書籍では難しい発行部数の限られた作品流通の拡大である。特に、同人誌と呼ばれている自主制作のマンガや小説、イラストレーションなどの普及が進むのでないかと見られている。
 そうであっても、実際に電子書籍向けのアプリケーション化は、知識やソフトも必要となる。それを代行するサービスがいち早く登場したことで、こうした流れが一気に強まりそうだ。

サークル・ドット・エムエス http://circle.ms/