「ケツ犬」アニメ 東映アニメとマッグガーデン共同企画 

 Yahoo!コミックの「EDEN&ブレイドコミックアーカイブ」で連載中のウェブマンガ『ケツ犬』(原作:ライフスタイル角田)が、Flashアニメ化される。長さ2分半のエピソードが第0話から12話まで、全13話構成となる。
 作品はまるでケツのような顔をした犬「ケツ犬」を中心としたシュールなギャグ。正体不明の「ケツ犬」は、瞬く間に増殖して行く。そしてさらに・・・。
 3月25日から28日まで東京ビッグサイトで行われる東京国際アニメフェア2010でも、『ケツ犬』は紹介予定。第0話の映像が先行公開される。

 監督、脚本、アニメ制作を『猫ラーメン』などの春日森春木さんが行う。また、キャスト陣には味のある演技でお馴染みの杉田智和さん、お笑い芸人のつぶやきシローさんなど、豪華かつ個性的な名前が並ぶ。
 また、4月1日よりアニメ専門チャンネルのAT-Xでのテレビ放映開始も決まった。ただしこのテレビ放送の時間は、ケツ犬サイトでの告知するゲリラ放送のかたちとなる。かなり異色な放映形態になる。テレビ放映後は、インターネットやモバイルなどでも展開予定だ。

 『ケツ犬』が掲載されている「EDEN&ブレイドコミックアーカイブ」は、Yahoo!コミックに設けられた無料のデジタルウェブマガジンである。昨年9月に連載をスタートした。「月刊コミックブレイド」などのマンガ雑誌を発行するマッグガーデンが作品を提供する。
 ウェブマガジンは、完全オリジナルの描き下ろし作品と「月刊コミックブレイド」の連載作品の再掲載から構成する。また、マッグガーデンと同じグループ会社であるプロダクション I.GによるVFX実写ドラマ『ケータイ捜査官7』の4コマギャグや、東映アニメーションが開発した『農業ムスメ!』などのマンガ連載を行うなど映像会社とのコラボレーションにも力を入れている。

 今回のアニメ化は、東映アニメーションとマッグガーデンが進める共同プロジェクト「MG×TAプロジェクト」のひとつでもある。さらにアニメーションのプロデュースにはシンクが参加する。
 ウェブマガジン、ショート作品、Flashと様々な新しいトレンドを大きく取り入れた作品は、東映アニメーションのアニメビジネスの異なる一面を伺わせるものだ。

『ケツ犬』 http://ketsuinu.jp

東映アニメーション http://corp.toei-anim.co.jp/
シンク http://www.think.ne.jp/