知財本部にコンテンツ専門調査会設置 2/19に第1回

 内閣府の知的財産戦略本部は、2月10日に新たにコンテンツ産業の強化・振興を集中討議するコンテンツ強化専門調査会と知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会のふたつを設置することを決定した。
 これらはそれぞれ従来のコンテンツ等ソフトパワーの強化に関する専門調査会と知的財産による競争力強化専門調査会に替わるものである。それぞれの専門調査会の領域は、これまでの専門調査会を引き継ぐと見られる。しかし、政権交代を機に、従来とは異なる姿勢も盛り込みながら、新たにコンテツ産業などに取り組んで行く意欲を示したものとみられる。

 早速、2月19日には、コンテンツ強化専門調査会第1回の会合開催が予定されている。また、経済産業省では先日、コンテンツ産業の成長戦略に関する研究会が設立したばかりである。行政機関のあたらたな取り組みが目立っている。
 そうした中で今後の討議の中で大きく取り上げられそうなのが、インターネット上の著作権侵害対策である。2月10日には、インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策に関するワーキンググループの開催も明らかになっている。開催第1回は2月16日、インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策について広く討議が行われる予定だ。

知的財産戦略本部 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/