中国アニメの最新事情セミナー マッドハウス北京等ゲスト

 デジタルコンテンツ協会は2月3日に、中国のアニメーションビジネスの最新情報を伝えるセミナー「中国におけるアニメーションビジネスの潮流」を東京・千代田区のホテルモントレ半蔵門で開催する。
 セミナーでは、中国での共同制作やアニメーションビジネスの申請代行の現状、政府や動漫基地の考え方を紹介する。変化の激しい中国のアニメーションビジネスを把握するものとなる。
 
 共同製作に関しては、マッドハウス北京の副経理和泉將一さんの講演が注目される。日中合作『チベット犬』にみる中国におけるアニメーションビジネス」と題して、現在、中国最大の国営映画会社中国電影集団と共同製作を進める『チベット犬』のビジネスを語る。作品は日中初の本格的な劇場アニメの共同製作だけに、同様の事業を目指す人にとっては価値あるものになりそうだ。
 マッドハウス北京からは、総経理の小原和夫さんもパネルディスカッションに参加を予定する。多方面からマッドハウス北京の戦略を語ることになりそうだ。

 中国からは慈文紫光数字影視有限公司の王依群総裁、浙江大学影視與動漫遊戯研究中心の夏瑛さんが来日を予定する。香港からもグロバールにアニメーションビジネスを展開するA Go Go CorporationのCEOスティーブン・チン氏が招かれ、「中国アニメーション市場参入のための法則」と題した講演を行う。
 このほか日本からはシンク代表取締役社長森祐治さんが、「日本製アニメーションの中国展開方策の事例と検証」と題した講演を行う。こちらは日中間でアニメビジネスを行う際の、現状と要点を検証するものとなる。

 セミナーは13時20分から17時まで、参加無料、メールを通じた事前登録が必要となる。申込締め切りは2月1日までとするが、80名の定員が満員になり次第申込を締め切る。早めの登録が確かだろう。

アジア地域におけるコンテンツ産業国際交流事業 専門家交流事業セミナー
『中国におけるアニメーションビジネスの潮流』
http://www.dcaj.org/contents/frame04.html

日時: 2010年2月3日 (水) 13時20分~17時
場所: ホテルモントレ半蔵門 「瑠璃の間」

[プログラム]
13:20 経済産業省挨拶(予定)
13:30 「日本製アニメーションの中国展開方策の事例と検証」
      (株)シンク 代表取締役社長 森祐治
14:20 「中国アニメーション市場参入のための法則」
      A Go Go Corporation President & CEO Steven Ching
15:00 「日中合作『チベット犬』にみる中国におけるアニメーションビジネス」
      マッドハウス北京 副経理 和泉將一氏
15:50  パネルディスカッション「中国におけるアニメーションビジネス戦略」
     モデレータ: 森祐治
     パネリスト:
     マッドハウス北京 総経理 小原和夫
     慈文紫光数字影視有限公司 総裁 王依群氏(予定)
     Steven Ching
     浙江大学影視與動漫遊戯研究中心(コンテンツビジネス研究センター)夏瑛
16:50  DCAJ専務理事鷲見良彦 挨拶

詳細や申込みについては上記アドレスでご確認ください。