背景美術プロダクションが語るアニメ制作 2/10に中野で

 2月10日、東京・中野区の東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)で、アニメの背景美術の制作会社の仕事と経営を取り上げたセミナーが開かれる。TCICが定期的の開催する起業家向けのセミナーの第7回で「アニメ制作の仕事と会社~プロフェッショナル組織を作り上げるためにすべきこと~」である。
 ゲストには背景美術専門のプロダクション小倉工房代表取締役の小倉宏昌さんを招く。小倉宏昌さんは、『人狼 JIN-ROH』や『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』といった作品の背景を手がけた日本を代表する美術監督のひとりである。背景美術の知られざる仕事を語る。

 TCICは、東京都がアニメや映画、ゲームなどコンテンツ分野のベンチャー企業を支援するために設立した施設である。廉価でオフィスを提供するほか、経営のコンサルティングやビジネスマッチング、今回のようなセミナーなどを通じて支援を行う。
 今回のセミナーも、アニメ業界に関心のある人だけでなく、コンテンツ分野での起業を目指す人、働く人も対象にしている。美術監督であると同時に、自ら会社を起こした小倉宏昌さんの経営という視点が盛り込まれるのも特徴である。

 数多くのプロによる様々な分業で成り立つのがアニメ制作である。そのなかでアニメ映像を構成する重要な要素のひとつが背景美術である。優れた背景とキャラクター演出、音楽などのコラボレーションが、優れたアニメ作品を生み出すと言ってもいいだろう。
 そうした一方で、背景美術が単独で語られるセミナーはあまりない。また、ビジネス的な視点からの考察はさらに少なく、今回は貴重な機会になりそうだ。

 セミナーは2月10日の16時から18時まで、TCIC1Fの会議室にて行う。参加費は無料だが、定員は40名で事前の申し込みが必要となる。また、セミナー終了後に懇親会も予定しており、こつらは実費1000円の参加費で参加できる。

東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)
http://www.tcic.jp

第7回TCICセミナー 
アニメ制作の仕事と会社
~プロフェッショナル組織を作り上げるためにすべきこと~

日時: 平成22年2月10日(水)16時~18時(懇親会18時~19時)
場所: 東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)1F会議室A
参加費: 無料 (懇親会費: 1000円)
定員: 40名(先着順)

講師: 小倉宏昌(株式会社小倉工房 代表取締役)
モデレーター: 櫻井孝昌
詳細・申込: http://tcic.jp/introduce.html