アニマックスとキッズステーションがアニメ事業を共同展開 3月31日に合弁会社を設立

2月13日、株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパンと株式会社キッズステーションの経営統合が発表された。アニメ専門チャンネルの大手2社がアニメ事業を共同展開することになった。

株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPEJ)と三井物産株式会社は、事業持株会社である株式会社AK Holdingsを設立することを明かした。3月31日を目途に、SPEJの子会社・アニマックスと三井物産の子会社・キッズステーションを、同合弁会社の傘下にする予定だ。
AK Holdingsの代表取締役には、SPEJ代表取締役 兼 テレビジョンネットワーク部門日本代表であり、アニマックス代表取締役を務める滝山正夫が就任する。滝山は3月31日付でキッズステーションの代表取締役にも就任する。SPEJと三井物産はアニメチャンネル事業の共同運営を皮切りに、映像配信をはじめとする事業を世界市場に向けて展開していく。
近年は動画配信サービスが台頭しているが、アニマックスの加入者数は約860万世帯、キッズステーションは約800万世帯と多くのユーザーを持つ。アニメ専門チャンネル2社の大手が経営統合することで、放送・配信の分野にどのような変化が生じるのか。今後の動向に注視したい。

SPEJ代表取締役の滝山正夫は「有料チャンネルで日本最大の加入世帯数を誇るアニマックスと、子ども向けアニメチャンネルの草分け的存在として人気を誇るキッズステーションが共同でアニメ事業を展開できることは、非常に有意義なことです。三井物産とともに日本が誇るアニメを日本国内はもとより、世界中の人々に楽しんで頂けるよう、提供してまいります」とコメントを発表した。
三井物産 常務執行役員ICT事業本部長 北森信明も「キッズステーションとアニマックスは、これまで長きに亘り、魅力的な日本アニメを視聴者へお届してきました。これまで強化してきたアニメ放送事業を、さらに拡大し、ソニー・ピクチャーズと共に、両社の事業を益々発展させていきます。また、これらチャンネル事業を核として、国内だけでなく、グローバルに様々なアニメ関連事業を展開していく方針です。両社の総合力を活かして、新しいビジネスモデルの開発にも挑戦していきます」と今後の方針を語った。
[高橋克則]