第1回アニものづくりアワード」マチ★アソビにて開催 アニメ×異業種の優れたコラボを表彰

アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用した企業のコラボレーションを表彰する「第1回アニものづくりアワード」の開催が決定した。公式サイトでは3月21日まで全5部門への応募を受け付ける。入賞作は5月上旬に行われるイベント「マチ★アソビ」で発表され、授賞式を実施する。

「アニものづくりアワード」はアニメを中心としたコンテンツを活用したムーブメントを表彰する企画である。近年は自動車、食品飲料、流通、ベンチャー、伝統工芸などの異業種とのコラボや、聖地巡礼と呼ばれる自治体によるコンテンツツーリズムなど、様々な事例が増えて注目を集めている。その中から優秀作品を表彰することによって、クオリティの高いコラボコンテンツが世の中に広まっていくことを目的に開催される。
公式サイトでは作品を募集中だ。対象は2015年1月から2016年12月の間に発売・公開・実施された企業や官公庁による商品・サービス・広告・プロモーションの中で、アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用したものとなる。アニメーションCM部門、コンテンツコラボ部門、オリジナルコンテンツ部門、クラフトデザイン部門、ベストプロダクション部門の全5部門をラインナップした。とくに優れた作品に対しては総合グランプリが贈られる。

選考委員長は慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授の夏野剛、アニメ制作会社・スタジオM2の丸山正雄が担当。選考委員には小川剛、数土直志、トマ・シルデ、まつもとあつし、陸川和男が名を連ね、特別選考委員には真木太郎と林龍太郎を迎えた。審査結果は5月上旬に徳島市で行われる「マチ★アソビ」にて発表される。
[高橋克則]

「アニものづくりアワード」
発表・授賞イベント:2017年5月上旬
会場:「マチ★アソビ」イベント会場
応募期間:2017年3月21日(火)まで

[コメント]
選考委員長・夏野剛
「アニメ」と「ものづくり」は、日本の2つの大きな「強み」です。一方でその2つがしっかりと融合したことはあまりなく、別々の領域で活動していた感があります。近年さまざまなクールジャパン施策の影響もあり、やっと2つの距離が近づき始めています。また、広告やプロモーションの世界でもアニメやキャラクターの価値が高まり、アニメ業界が異業種とコラボレーションする事例も増え「アニメ=サブカルチャー」とは言い切れない強いパワーが生まれています。
このアワードを通じて、異なるカルチャーを持つアニメ業界と異業種のすぐれたコラボ事例を表彰し、スポットを当てることで、「アニものづくり」という言葉が浸透し、日本らしいコンテンツの強みが一層競争力を持つことにつながっていけばと期待しています。

「第1回アニものづくりアワード」公式サイト
https://animono.jp/