AnimeJapan 2017 クリエイター体験講座の受講者募集中 アニメの企画と動画を解き明かす

アニメイベント・AnimeJapan 2017は、クリエイターから実践的な講義を受けられるワークショップ「クリエイター体験講座」の受講者を募集中だ。3月26日にプロデューサーの森下勝司と、アニメーターの舘野仁美による二つの講座が行われる。

体験講座「アニメの“企画”を立てることとは?」にはProduction I.Gの森下勝司プロデューサーが登壇。アニメづくりをメインに、映像作品の企画がどのように作られていくのかを解き明かしていく。
森下は2010年8月にProduction I.Gの取締役に就任。2014年10月に設立されたグループ会社 シグナル・エムディの代表取締役社長も兼任している。これまで『進撃の巨人』や「攻殻機動隊ARISE」シリーズなど、多彩な作品を送り出してきた実績を持つ。

「アニメの“動画”を描いてみよう」の講師はアニメーターの舘野仁美が担当。アニメーターの入口である動画という役職を解説し、受講者はその指導のもとで中割にチャレンジできる。
舘野は1987年から27年間にわたってスタジオジブリで動画チェックを歴任。『となりのトトロ』から『思い出のマーニー』までジブリの動画を支えてきた。現在は西荻窪のササユリカフェでオーナーシェフを務めており、店内ではアニメーターの展示会も行っている。

体験講座の参加は無料だが、どちらも課題が課せられている。「アニメの“企画”を立てることとは?」では森下が関わってきた作品について400文字程度の感想文、「アニメの“動画”を描いてみよう」では背景とシチュエーションを組み合わせた手描きイラストの提出が必要だ。課題の詳細は公式サイトを確認してほしい。申込締切は2月23日までとなる。
[高橋克則]

「AnimeJapan 2017」
会場:東京ビッグサイト
会期:2017年3月25日(土)・26日(日)10時~17時

森下勝司氏
舘野仁美氏