福生市と老舗酒造のコラボアニメ「Tokyo SAKE Brewery」公開 主演は大原さやか

1月10日、東京都福生市が地元の老舗酒造とコラボレーションしたPRアニメ「Tokyo SAKE Brewery」(東京の酒蔵)を公開した。主人公・カオリ役には大原さやかを起用し、福生市の魅力を国内外に向けて発信する。

「Tokyo SAKE Brewery」は福生市商工会が地域と産業の振興を図る目的で制作した短編アニメである。東京都には10の酒蔵があるが、そのうちの二つは福生市に所在している。アニメでは創業から200年近くの歴史を持つ田村酒造場と石川酒造を取り上げて、ブランドの魅力をアピールしている。
本作は六本木ヒルズの外資系IT企業で働くカオリが主人公だ。海外生活の長い彼女は東京の日本酒を提供する企画が認められないことに不満を漏らすと、同僚から「伝統を継承しながら様々なプロセスを経て作られる日本酒作りの現場を見に行ってきてはどうか」となだめられる。福生まで足を運んだカオリは実際に酒蔵に触れることで、伝統を大切にする日本人の心を学んでいく。

カオリ役は「XXXHOLiC」シリーズで主演を務めた大原さやかが担当。『君の名は。』や『美少女戦士セーラームーンCrystal』など、様々なアニメに出演経験を持つ人気声優を起用した。
本編に登場する田村酒造場は1822年創業。「丁寧に造って、丁寧に売る。」の家訓のもと、時代をとらえた進取の精神と気風を織り交ぜた田村酒造場らしい酒を醸している。石川酒造は1863年創業。敷地内には史料館や樹齢400年の夫婦ケヤキ、歴史的価値の高い白壁造りの土蔵が立ち並び、福生の観光スポットになっている。アニメには両酒造の当主も登場し、声優を自ら務めて市のプロモーションに協力した。
[高橋克則]

[アニメ!アニメ!/animeanimeより転載記事]