練馬区がアニメ制作事業者に向けた補助金制度を再募集 アニメ産業の地盤強化を目指す

東京都練馬区はアニメ産業の集積を強化するため、区内に事業所を新設・移転するアニメ制作関連事業者に向けた補助金制度を設けている。対象となった事業者は、工事費用や家賃の一部について補助を受けることができる。
平成28年度の募集は7月で締め切っていたが、このたび再募集の実施が発表された。応募申込書提出は9月30日まで、審査書類提出は10月17日までを予定している。

練馬区はアニメ制作関連事業者が最も多く集まっている街として知られており、区内には約80社が拠点を構えている。それを受けて区は、アニメ産業をより盛り上げるために様々な取り組みを行ってきた。平成23年度から実施している補助金制度もその一つである。
これは新たに事業所を設置するアニメ制作関連事業者を補助することでアニメ産業の地盤を強化し、既存の事業者との間での受発注や共同事業を促すことを目的としている。平成28年度も引き続き支援を実施する。対象事業者はアニメ制作会社だけでなく、映像・コンテンツ関係事業者も含まれている。

まず練馬区への移転費用として移転・増設対象企業に、初年度のみ限度額50万円が補助される。設備工事・改装工事・制作関連機器購入費は、移転・増設対象企業が限度額40万円、費用の2分の1を補助。起業予定事業者は限度額20万円、費用の2分の1を補助する。
毎月の賃借料は移転・増設対象企業が限度額 月額20万円、費用の2分の1を補助。起業予定事業者は限度額 月額5万円、費用の2分の1を補助する。なお補助金応募申込書提出以前に実施した移転・起業については補助対象とはならないため注意が必要だ。
募集期間は、応募申込書の提出が9月30日、審査書類の提出が10月17日まで。募集事業者数は移転・増設対象企業、起業予定事業者ともに各1社程度となる。応募要領などの詳細は練馬区の公式サイトに記載されている。
[高橋克則]

 

練馬区 事業所を開設するアニメ制作関連事業者の募集について

http://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/sangyo/oshirase/anime_hojo.html