バンダイナムコHD通期決算 海外利益が急伸、映像音楽も好調

エンタテイメント大手のバンダイナムコホールディングス(バンダイナムコHD)は、5月11日に2016年3月期の決算を発表した。売上高は前年並みの5755億400万円(1.8%増)であったが、営業利益は496億4100万円(11.9%減)、経常利益は507億7400万円(14.5%減)、当期純利益は345億8300万円(8%減)とやや減少した。しかし、全体としてみれば依然、高水準の利益を実現している。
弱含んだのはトイボビー事業、ネットワークエンターテインメント事業のなかの業務用ゲーム機である。一方で、映像音楽プロデュース事業とネットワークエンターテインメント事業のうちネットワークコンテンツ、家庭用ゲームソフトは好調だった。家庭用ゲームソフトはとりわけ海外販売に支えられた。

■ トイホビー、妖怪ウォッチ売上落とすも存在感大きく、ドラゴンボール好調

トイホビー事業の売上高は2064億2400万円(10.6%減)、セグメント利益は166億3900万円(2.4%)減である。『妖怪ウォッチ』が前年から4割以上売り上げを落としたが、それでも308億円はキャラクター別のトップで業績を支えている。また前年実績の2倍の売り上げとなった『ドラゴンボール』が116億円、前年実績を上回った『ガンダム』が好調だった。
一方、前年の206億円が157億円に下がった『仮面ライダー』やスーパー戦隊、『アイカツ!』が弱含んでいる。玩具特有のキャラクターの人気の伸長をうまく調整する人気タイトルの豊富さが、バンダイナムコHDの強みだ。

■ 北米、ヨーロッパで「ドラゴンボール」と「ナルト」が売れた家庭用ゲームソフト

ネットワークエンターテインメント事業は、家庭用ゲーム、オンラインゲーム、アーケードゲーム、アミューズメント施設の運営を含めたゲーム関連事業を統合している。売上高は3209億4100万円(前期比8.3%増)と大きく、セグメント利益は239億3000万円(18.3%減)である。
家庭用ゲームソフトは海外販売に支えられた。期中の売上本数2668万本のうち8割を超える2198万本が北米と欧州である。ヒット作は『DRAGONBALL XENOVERSE』や『NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム4』。売上高は975億円(13%増)だった。
ゲームアプリ、PCオンラインゲームは売上高1039億円(26%増)と安定していた。なかでも『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』が好調だった。一方で業務用ゲーム機が苦戦した。579億円で20%減であった。

■ アニメは「ラブライブ!」と「ガンダム」シリーズ

映像音楽事業は、映像ソフト企画・販売のバンダイビジュアル、アニメ製作のサンライズ、アニメアーティストを中心とした音楽のランティスなどから構成される。売上高は516億6700万円(18.7%増)、セグメント利益は116億6500万円(15.8%増)といずれも二桁増となった。期初計画の350億円の1.5倍近くとなり、セグメント利益率も23%と高い。
ヒット作として、『ラブライブ!』と「ガンダム」シリーズが挙げられている。『ラブライブ!』は劇場映画のヒットに加えて商品、サービス、イベントなどの多角的活用で業績を牽引した。「ガンダム」シリーズは映像パッケージが好調だった。

■ 業績を支えた海外事業の急成長

バンダイナムコHDは、これまで海外事業が課題とされてきたが、2016年3月期の決算をみるとむしろ海外事業に収益が支えられていることが分かる。アメリカ、ヨーロッパ、アジアの3地域の売上高は1290億2700万円に達した全体の22%にあたる。また前年比で36%増となる。営業利益も131億8800万円と33億5600万円から急伸した。
国内でも人気のキャラクターを玩具、ゲーム、映像と多面的に展開している結果が現れているとみられる。また同社が目指すグローバル市場での成長が順調に進んでいると言っていいだろう。