「レイアウトを戻す」を押すとサイトのレイアウトが初期状態に戻ります。閉じたり、表示を伸ばしたりしていたカテゴリーやウェジェットが初期状態に戻ります。

レイアウトを戻す
LINEで送る

中国興収192億円、中国アニメーションの歴史を変えた「西遊記之大聖帰来」が日本展開

キービジュアル

 

中国のアニメーション映画で過去最大のヒットとなった『西遊記之大聖帰来』の日本上陸が決まった。中国向けのアニメ、ゲーム事業を手掛けるアクセスブライドが、本作の日本におけるマスターライセンス獲得を発表した。同社は日本国内の配給権、テレビ放送権、ビデオグラム化権、公衆配信権、商品化権などを展開する。
アクセスブライドは、日本のアニメやスマートフォンゲームの海外進出事業に実績を持っている。これまでは日本から中国のビジネスが多かったが、今回は中国の大型コンテンツを日本に運ぶ。

『西遊記之大聖帰来』は、北京燕城拾十月文化伝播有限公司がティエン・シャオポン監督のもと制作し2015年7月に中国公開された。迫力満点のCGアニメーションが話題を呼び、中国映画史上空前の大ヒットとなった。
国内興収192億円は、これは中国で公開されたアニメーション映画としては過去最高(当時)となり、同じく2015年に大ヒットした日本の『STAND BY ME ドラえもん』、それまで史上1位であった米国アニメーション『カンフー・パンダ2』を大きく上回った。中国でのアニメーション映画のヒットはこれまで米国作品が多かったが、今回の成功は中国のアニメーション史を変えたとされている。

映画は2017年春には日本公開も予定しており、ここで最新の中国の劇場アニメーション、CGに触れるチャンスとなりそうだ。一方、もっと早く本作を確認することも可能だ。『西遊記之大聖帰来』は3月18日から21日まで、東京・TOHOシネマズ日本橋で開催される東京アニメアワードフェスティバル2016のコンペティションの長編アニメーション部門にノミネートされている。ここで『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』として日本初上映される。
上映は3月19日10時20分から12時15分。TOHOシネマズの予約サイトにてチケットは発売中である。

関連する記事

.