「週刊少年チャンピオン」もデジタル配信開始 秋田書店の全マンガ誌がデジタル化目指す

人気マンガ誌のデジタル版創刊が相次いでいる。そうしたなかで秋田書店が刊行する中で「週刊少年チャンピオン」がこの3月からデジタル版の配信を開始する。
最初のデジタル版となるのは、2016年3月10日に発売された15号。発売から5日後、3月15日の火曜日にデジタル版の発売をスタートさせる。16号以降も毎週火曜日に定期配信を行なっていく。。
秋田書店はまた「少年チャンピオン」だけでなく、マンガ雑誌のデジタル化を一気に進める方針だ。2016年度中に、同社が発行する全てのマンガ雑誌のデジタル化を実施する予定だ。デジタル化が急進展するマンガ雑誌の流れをさらに推し進めることになりそうだ。

「週刊少年チャンピオン」は1969年に「少年チャンピオン」として創刊された47年の歴史を誇る日本を代表するマンガ誌だ。1970年に現在と同じ「週刊少年チャンピオン」へと誌名が変更された。
70年代には『ドカベン』『魔太郎がくる!!』『ブラック・ジャック』『マーズ』『キューティーハニー』『番長惑星』『恐怖新聞』『エコエコアザラク』『マカロニほうれん荘』など連載作品で売り上げを伸ばした。日本のマンガカルチャーを支えている。
現在は『毎度!浦安鉄筋家族』や『刃牙道』といった、読者にとってはお馴染みの大人気シリーズを中心に、女性ファンからの絶大な人気を誇る『弱虫ペダル』、アニメ化もされたラブコメ作品『実は私は』も加わった。
[キャプテン住谷]