テレビ東京のアニメ事業好調続く 上方修正で売上げ通期143億円、祖利益47億円見込む

2016年2月4日にテレビ東京ホールディングス(テレビ東京HD)の第3四半期決算が発表された。通期連結売上高は1005億3000万円(4.7%増)、営業利益65億7600万円(31.8%増)、経常利益68億4400万円(30.1%増)、四半期純利益は42億9300万円(39.7%増)である。利益の高い伸びが目立った。

なかでもアニメ関連事業の好調ぶりが際立っている。地上波放送事業のなかにあるアニメ事業の売上高は第3四半期までで103億900万円と前年同期比78.2%増と高い伸びとなり、100億円を超えた。これに伴い粗利益は39億5600万円(136.1%増)と急伸した。
国内では『妖怪ウォッチ』の商品化が好調だった。大型イベントとして話題を呼んだ「NARUTO-ナルト-展」も好成績だった。
さらに海外事業がこれを後押ししている。中国をはじめとした海外への配信ライセンス、オンラインゲームなどのゲーム化のライセンス収入が好調だった。昨今話題になることが増えているアニメの海外向けのビジネスの好調が、テレビ東京HDの業績にも反映したかたちだ。

第3四半期決算に合わせて、2016年3月期の通期の見通しも明らかにされている。ここでもアニメ事業の好調ぶりは窺える。通期売上は前年比73%増の143億500万円、粗利益は47億8100万円の97.5%増を見込む。これは2015年11月4日時点の見通しよりそれぞれ4.4%と6%、上方修正されている。第3四半期、第4四半期が引き続き、当初の見込みを上回っていることが分かる。
テレビ東京HDのアニメ関連事業は、このほかアニメ専門チャンネルを運営するグループ会社エー・ティー・エックスもある。こちらは第3四半期までで売上高39億7400万円(0.5%減)。さらにテレビ東京ミュージックが、『妖怪ウォッチ』『銀魂』などのアニメ関連楽曲の印税収入が好調としている。グループ全体のアニメ関連事業の通期売上高は200億円程度に達すると見られる。

好調を続けるテレビ東京のアニメ事業だが、今後も新たな展開に積極的だ。なかでも海外、中華圏向けビジネスに大きな案件が続いている。
2015年12月には台湾のゲーム会社ソフトスターなどと日台共同製作の『軒轅剣』のアニメ化を発表、今年1月にはグリー、そして中国のアイチーイー、香港のメディアリンクを巻き込んだテレビアニメ『聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ』の共同製作を発表している。中国向けのアニメ配信拡大も明らかにしている。海外事業の成果次第では、今後も成長の余地がありそうだ。
[数土直志]