2015年アニメビジネス10大ニュース ‐解説編‐

1.中国市場の拡大/日本アニメ市場への製作参入

2015年、日本のアニメ業界に「中国」が大きなテーマとして浮上した。中国に対するトピックスは2点にある。ひとつは日本のアニメやキャラクターの輸出先としての“中国市場”である。もうひとつは、日本でのアニメ製作の出資、アニメーション制作の発注元の“出資者”としての中国だ。
日本アニメのファンが多く、巨大な中国市場の開拓は、2000年代以降日本のアニメ関連企業の大きなテーマであった。しかし中国行政によるテレビ放送や映画上映、映像ソフト・マンガ出版の認可は厳しい締め付けもあり、なかなか大きな実績が築けなかった。

この状況が大きく変わったのは、中国の動画配信事業者が正規配信のために日本アニメの公衆送信権(配信権)を獲得するようになったことである。さらにスマホアプリ化やオンラインゲーム化の権利も積極的に買い付ける。この購入金額が大きく、国内各社に大きな売上げをもたらしている。
また2015年に中国で全国公開した『STAND BY MEドラえもん』は興収100億円を超え、日本の興収を上回った。あらためて中国市場の大きさを印象づけた。

一方、巨額の中国マネーは配信権やゲーム化権の獲得にとどまらない。中国企業の関心は、日本のアニメそのものにも広がる。2015年は中国企業が日本アニメ製作への進出を目指すケースが増えた。
スマホゲームで知られるHappy elementsは日本で開発した自社プロパティ「あんさんぶるスターズ」を日本でアニメ化する。アニメーション制作がストップした『虐殺器官』の制作を引き継ぐジェノスタジオは、中国資本の新スタジオ絵梦と制作協力するとしている。さらに『雛蜂 B·E·E』のような日本スタイルの中国産アニメが日本に進出するケースもあった。今後、日本でのアニメ製作に中国企業が加わる場面が増えそうだ。

2.動画配信広がる/Netflix上陸

2015年ほど動画配信が話題になった年はないだろう。9月に米国から上陸したNetflixがサービスインしたのがきっかけだ。日本進出にあたっては、オリジナル番組の独占的な配信権獲得に投資をするとしている。このなかにアニメも含まれていることから、アニメ業界への新たな資金の出し手として注目が集まった。
Amazonインスタントビデオも同様にオリジナルアニメを目指すと伝えられる。日本アニメの海外向け配信サービスのクランチロールの日本アニメへの製作出資も始まっている。配信会社はアニメ製作における新たな資金の出し手として期待され、海外資本の配信会社も存在感が増している。

またNetflix先行するHuluも、アニメのラインナップを強化している。映画会社や放送局、映像ソフトメーカーが協力するbonoboもスタートした。スマホを中心にアニメを専門に配信するdアニメストアの会員数は2015年に200万人を突破。2016年は、2015年からさらに動画配信は拡大しそうだ。

3.イマジカ・ロボットHD アニメ製作会社のOLMを子会社化

2015年12月に、アニメ業界を驚かせるニュースが発表された。映像制作やポストプロダクション、放送チャンネルの運営などを手掛けるイマジカ・ロボット ホールディングスが、アニメーション制作大手のOLMの株式の過半数を取得、子会社化することを明らかにした。
OLMは『ポケットモンスター』や『妖怪ウォッチ』の制作で知られる。近年注目を浴びるCGアニメーションでも業界トップクラスだ。利益を安定してあげるOLMだけに、今回のイマジカ・ロボットHDの傘下入りは、新たなビジネス展開に向けた攻めのものだろう。
2015年にはブシロードとアニメ企画・制作の新ブランド「ISSEN」を立ち上げた。2016年には、大作映画『ルドルフとイッパイアッテナ』の公開も控える。今後OLMの動きが注目されそうだ。

4.アニメ制作会社マングローブの経営破綻

9月に明らかになったアニメーション制作の中堅スタジオ・マングローブの経営破綻も業界を驚かせた。中堅・中小のアニメスタジオの事業停止はいままでも少なくない。しかし、マングローブは話題の長編劇場映画『虐殺器官』を制作中、1ヵ月半後には全国公開される予定のなかであった。
『虐殺器官』は2016年以降に公開を延期。アニメーション制作はフジテレビ出身のプロデューサー山本幸治氏が新設したジェノスタジオが引き継いだ。

5. アニプレックス、独仏でアニメ事業拡大

2015年は海外市場としては、中国やアジアが注目されることが多かった。しかし、ヨーロッパでも大きな動きあった。アニメ企画・製作の大手アニプレックスは、ドイツで現地会社ペパーミントと合弁会社peppermint anime GmbHを設立、さらにフランスの日本アニメビジネス会社ワカニムに出資した。アニプレックスの海外拠点は、米国ロサンゼルスに続くものである。
ペパーミントは日本アニメの映像ソフトやイベントを手がけ、ワカニムは日本アニメの配信を手がける。2015年はインターネット配信やカルチャーイベントで、海外でコアファン向けの日本アニメが再び活性化しているとの指摘が多かった。アニプレックスは米国で成功したコアな日本アニメファンの開拓をヨーロッパでも挑戦する。

6. 映画「ラブライブ!」興収28億円突破

その日本でコアファン向けの作品が、一般層にまで広がったのが『ラブライブ!』だ。深夜アニメ発の作品だが、6月に公開された『ラブライブ!The School Idol Movie』は興収28億円を超える大ヒットになった。これまで大ヒットであった『劇場版 魔法少女まどか マギカ[新編]叛逆の物語』の記録を大きく超えた。
さらに作品から飛びだした声優ユニットμ’sは暮れのNHK紅白歌合戦にも出演、まさにメジャーに躍り出たかたちだ。アニメファンとそこから派生するビジネスの広がりを感じさせた。

7.相次ぐスマホゲームのアニメ化発表

アニメ制作の本数の増加が指摘された2015年だが、トレンドのひとつがスマホアプリゲームからのアニメ化である。
2015年には、『アイドルマスター シンデレラガールズ』『SHOW BY ROCK!!』といったヒット作があった。さらに『グランブルーファンタジー』『あんさんぶるスターズ!』『チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~』『ディバインゲート』『神撃のバハムート マナリアフレンズ』などの製作が発表されている。

スマホアプリゲーム原作増加の背景には、従来からアニメ原作に多かったマンガや小説など作品の不足、何百万、時には何千万単位でダウンロードされているスマホアプリゲームの知名度の高さ、さらにアプリゲームを運営する企業の資金の潤沢さが理由だ。
2014年の作品であるが、『神撃のバハムート』はゲーム開発・運営のCygamesがアニメ製作を全額出資したことが話題を呼んだ。さらにCygamesは2015年にアニメ事業部を設立している。
またmixiが製作するアニメ『モンスターストライク』は、テレビ放送はなくYouTubeのみの配信、通常の1/3の尺と新しいビジネスに挑戦している。スマホ原作はアニメビジネスの構造変化のきっかけになりうる点でも見逃せない。

8.クランチロールと住友商事が投資会社設立

日本アニメの海外向け配信の大手クランチロールが、住友商事とアニメ製作投資を目的とした会社を共同設立すると発表した。クランチロールは日本のアニメ会社にとっては、海外配信権の大口の買い手であったが、今後は別のかたちでもビジネスパートナーとなる。
また日本アニメのライセンスの買い手であった海外企業が、日本アニメへの直接投資に関心を高めている表れでもある。クランチロールは製作における自社の役割のひとつとして、海外ファンのニーズを日本の製作社に伝えることを挙げている。

9.アニメコンソシアームジャパン 活動開始

2014年に設立され、海外向け日本アニメ配信の動画サイト「DAISUKI」の運営を引き継いだアニメコンソシアームジャパンが、2015年より本格的に始動した。7月にはこれまでのアニメ企画・製作会社に加えて、KADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版社やグッドスマイルカンパニー、ブシロードのアニメ関連商品を開発・発売する企業も出資社に加わった。アニメ関連企業のオールジャパン体制を強化する。
さらにアニメコンソシアームジャパンは、アニメの製作委員会への出資もする。ECサイトも強化するとしており、日本アニメの海外窓口としての役割を拡大している。

10.バンダイナムコ・ピクチャーズ、サンライズからスピンオフで設立

国内有数のアニメ企画・製作、そしてアニメーション制作のサンライズが会社分割をし、4月にバンダイナムコ・ピクチャーズを設立した。バンダイナムコ・ピクチャーズはサンライズから主にキッズ・ファミリー向けの事業を引き継いだ。『アイカツ!』や『銀魂゜』などを担当している。
両社が所属するバンダイナムコホールディングスは、2014年、そして2015年と業績が好調だ。そのなかで同じ4月に行われた組織再編ではアニメを中心とした映像音楽プロデュースユニットを設立、バンダイチャンネルのバンダイナムコライツマーケティングへの社名変更も行われた。さらなる事業拡大に向けた体制づくりを推進する。