テレビ東京HD第2四半期大幅増益、アニメ事業急伸で利益も牽引

テレビ東京ホールディングスが、11月7日に2016年3月期第2四半期の決算を発表した。売上高は前年同期並みの657億3900万円(4.2%増)だったが、利益面では大幅な増益となった。営業利益は39億7800万円(49.3%増)、経常利益は41億6700万円(44.8%増)、純利益は25億円(57.4%増)である。

ソフトライツ収入の伸びが目立った地上波放送事業が堅調で売上高518億円(3.1%増)、営業利益が24億700万円(154.1%増)となっている。BS放送事業は75億3800万円(9.8%増)、営業利益は7億円(45.1%減)。
放送周辺事業は売上高168億4800万円(3.4%増)、営業利益は12億2100万円(14.0%増)である。このなかにはアニメ専門チャンネル「AT-X」を運営するエー・ティー・エックスも含まれるが、売上高は26億1800万円で2.7%減としている。広告関連は伸びたが、加入者の横這いが続いているとしている。
またインターネット・モバイル事業は、売上高19億2800万円(9.7%増)、営業利益は1億4500万円(12.6%増)である。

こうしたなかでアニメ事業はとりわけ好調ぶりが際立った。アニメ事業収入は第2四半期までで74億3700万円、前年同期の30億4900万円から102.7%増と急伸している。これはライツ事業全体の約8割を占める。これに伴い利益も大きく増加し、粗利益は29億円(155.6%増)まで拡大した。
テレビ東京HDによれば、『妖怪ウォッチ』の人気や中国を中心とした海外の好調がこれを支えている。2015年12月に公開した『映画 妖怪ウォッチ』が売上を伸ばしたほか、商品化も好調であった。また海外では『NARUTO』のライセンスが中国などで好調だったとしている。
こうした勢いは下期も続きそうだ。テレビ東京HDはアニメ収入の見通しを決算発表に合わせて引き上げている。通期のアニメ収入は137億500万円(65.8%増)、粗利益は45億1200万円(86.5%増)となる。長年、積極的にアニメ事業に取り組んできたテレビ東京HDの好調は、収益の多角化を進める他の放送会社の戦略にも影響を与えそうだ。
[数土直志]