アニメからマンガ、ゲームまで「デジタルコンテンツの中国展開」 Happy Elementsがエンタメサミット開催

00

中国のエンタテイメント産業が映画やアニメ、ゲーム、マンガ、キャラクターまで幅広い分野で急成長を続けている。それだけに今後、中国市場に関わりたいと考える日本企業も少なくない。
しかし、成長が速いだけにビジネス環境の変化が激しいのも中国の特徴だ。そんな中国のエンタテイメント市場の現状や今後の展望、さらに中国展開する際の課題や解決策を紹介する講演が、11月6日(金) に都内・六本木の東京ミッドタウンにて開催される。「Happy Elements 日中デジタルエンターテイメント サミット」だ。

本イベントは、中国のモバイルインターネット企業Happy Elementsが主催するものだ。同社は2009年に中国で設立された後にモバイルゲームによって大きな成功を収め、一年後に日本に進出、ここでも成功している。日中の双方でヒットタイトルを持ち、両国の市場を熟知する企業だ。
イベント当日は3部構成となる。第1部が「中国デジタルコンテンツ産業が急成長している背景」と第2部は日本×中国代表 パネルディスカッション「日本の企業が中国展開する際の課題及び解決策」。そして最後に懇親会が用意されている。

講演パートは、日中の企業エグゼクティブが多数登壇する。第1部は、マッキンゼー・アンド・カンパニーのジェイソン・チー氏、北京中娱智库の創業者である高东旭氏、淘米CEOの汪海兵氏、繪夢動画CEOの李豪凌らとなる。李豪凌氏は日本でもそのクオリティから一部で注目を集めている『雛蜂 -BEE-』の監督である。
また日本アニメ専門の動画配信をするBilibili動画の董事長である陈睿氏、iQIYI.COMのアニメ・コミック投資事業部ヴァイスプレジデト杨晓轩氏、Sunflowers動画CEOの蒋智毅氏、Happy Elements Asia Pacific 事業開発部部長の 郷田努氏らが第2部でディカッションに参加する。幅広いエンタメジャンルをカバーする。
「コンテンツ制作における日本と中国の違い、日本の制作会社が中国に展開する方法」ではモデレーターをHappy Elements Asia Pacific代表取締役の頼嘉満氏が務める。

日本からのゲストも豪華だ。マンガ分野からは佐渡島庸平氏(コルク代表取締役)、アニメからは日本動画協会の専務理事の松本悟氏、アニメ制作大手A-1 Picturesの企画開発本部本部長の三宅将典氏、さらにテイ・コミュニケーションズ代表取締役の松田吉史氏、ウルトラスーパーピクチャーズの平澤直プロデューサーが出演する。かなり濃いめのトークになりそうだ。

全体のスタートは14時から17時までを予定する。講演終了後の17時半から同じ会場で懇親会を予定する。会場は東京ミッドタウン カンファレンスルーム。
参加費は無料(懇親会を含む)だが、事前に申し込みサイトからの申し込みが必要だ。対象は日本で事業を行うコンテンツ(アニメ・コミック・ゲーム・キャラクター)の事業責任者、クリエイター、報道関係者となる。申込多数の場合は抽選となる場合があるとのことだ。

「Happy Elements 日中デジタルエンターテイメント サミット」
日程:2015年11月6日(金)14:00-19:00(13:30開場) *講演終了後に、17:30-19:00懇親会
会場: 東京ミッドタウン カンファレンスルーム
http://www.tokyo-midtown.com/jp/access/index.html参加費: 無料(懇親会含む)
参加方法: 参加申し込みサイトhttps://goo.gl/wRSbtKより
(申し込み者多数の場合は、抽選)

Happy Elements http://www.happyelements.com

第一部: 講演  14:00~15:45
「中国デジタルコンテンツ産業が急成長している背景と収益性」
登壇者: マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー ジェイソン・チー (Jayson Chi)
「中国政府が海外のコンテンツホルダーに対して実施している政策」
登壇者: 北京中娱智库 創業者 高东旭 (David Gao)
「中国におけるIPコンテンツのクロスメディア戦略」
登壇者: Taomee Holdings (淘米;米国上場) CEO 汪海兵 (Benson Wang)
「中国におけるアニメーション制作の特徴」
登壇者: 繪夢動画CEO;「雛蜂 -BEE-」監督 李豪凌 (Haolin Lee)

第二部: 日本×中国代表 パネルディスカッション
「日本の企業が中国展開する際の課題及び解決策」 15:45~17:30

■ コンテンツ制作における日本と中国の違い、日本の制作会社が中国に展開する方法
モデレーター: Happy Elements Asia Pacific 株式会社 代表取締役 頼嘉満
[パネラー]
コルク 代表取締役 佐渡島庸平
テイ・コミュニケーションズ 代表取締役; セブン・アークス プロデユーサー 松田吉史
Ultra Super Pictures プロデューサー 平澤直
繪夢動画CEO: 「雛蜂 -BEE-」監督 李豪凌 (Haolin Lee)
Sunflowers動画CEO: 「影斗 SHADOW」プロデューサー 蒋智毅 (Zhiyi Jiang)

■ 中国におけるデジタルコンテンツのマネタイズ方法  
モデレーター: マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー ジェイソン・チー
[パネラー]
日本動画協会 専務理事 松本悟
A-1 Pictures 企画開発本部本部長 三宅将典
Happy Elements Asia Pacific 事業開発部部長 郷田努
Bilibili 動画 董事長 陈睿 (Rui Chen)
iQIYI.COM アニメ・コミック投資事業部Vice President 杨晓轩 (XiaoXuan Yang)

懇親会: 17:30~19:00           

※内容・登壇者は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。