アニメ総合イベント「AnimeJapan」を運営する一般社団法人アニメジャパン設立、理事長に内田健二氏

2014年にスタートしたアニメの総合イベントAnimeJapanは、2016年春の開催で3年目を迎える。アニメ業界が協力して実行する年に一度の大型イベントとして早くも定着しつつある。
そうしたなかで2016年は運営体制が大きく変わる。これまでは各社が協力するAnimeJapan実行委員会が主催、運営をしてきたが、新たに設立された一般社団法人アニメジャパンがこれに替わる。任意組合であった実行委員会から財団法人への移行で、組織の基盤を固める。

一般社団法人アニメジャパンは、2015年9月16日に設立された。日本のアニメ文化とアニメ産業の振興と発展を目指すとしている。
AnimeJapan開催のほか、それ以外のアニメ文化や産業関連のイベント開催や広報、調査研究、国内外の事業者や団体との交流や連携なども目指す。当面はAnimeJapanの開催、運営が中心となるが、ここを起点にさらなる事業展開の可能性もありそうだ。

財団法人にはこれまでも実行委員会に参加してきた企業・団体を中心に20法人が設立に加わった。アニプレックス、アニメイト、KADOKAWA、キングレコード、サテライト、サンライズ、小学館集英社プロダクション、手塚プロダクション、東映アニメーション、東宝、トムス・エンタテインメント、日本アドシステムズ、日本アニメーション、一般社団法人日本動画協会、バンダイビジュアル、ぴえろ、プロダクション・アイジー、フロンティアワークス、ポニーキャニオン、マーベラスとなる。事務局は東京都新宿区市谷田町に置かれる。
理事長には一般社団法人日本動画協会の理事長も務めるサンライズの内田健二氏が就任した。また理事を阪下實氏(アニメイト代表取締役社長)、中山晴喜氏(マーベラス 代表取締役会長兼社長 CEO)、夏目公一朗氏(アニプレックス取締役会長)、そして松本悟氏(日本動画協会 専務理事・事務局長)の4人が務める。さらに井上伸一郎氏(KADOKAWA代表取締役専務執行役員)が監事を務める。

内田健二理事長は財団法人設立について、「今後もAnimeJapanを発展させ続けるために、「実行委員会」の社会的責任の明確化、財政基盤の安定化、運営体制の安定と継続性に向けた設立」と説明する。息の長いイベントとして、AnimeJapanの今後の発展も期待出来そうだ。

一般社団法人アニメジャパン
所在地: 東京都新宿区市谷田町一丁目4番地
設立日: 2015年9月16日

[設立社員]
株式会社アニプレックス、株式会社アニメイト、株式会社KADOKAWA、キングレコード株式会社、株式会社サテライト、株式会社サンライズ、株式会社小学館集英社プロダクション、株式会社手塚プロダクション、東映アニメーション株式会社、東宝株式会社、株式会社トムス・エンタテインメント、株式会社日本アドシステムズ、日本アニメーション株式会社、一般社団法人日本動画協会、バンダイビジュアル株式会社、株式会社ぴえろ、株式会社プロダクション・アイジー、株式会社フロンティアワークス、株式会社ポニーキャニオン、株式会社マーベラス (計20法人)

[理事長] 
内田健二 (一般社団法人日本動画協会 理事長)
[理事]
阪下實 (株式会社アニメイト 代表取締役社長)
中山晴喜 (株式会社マーベラス 代表取締役会長 兼 社長 CEO)
夏目公一朗 (株式会社アニプレックス 取締役会長)
松本悟 (一般社団法人日本動画協会 専務理事・事務局長)
[監事]
井上伸一郎 (株式会社KADOKAWA 代表取締役 専務執行役員)